小田篤史と浅草デート?しかしそれは心のみそぎ落としの時間だった。浅草は人情と面白いが渦巻く町なのだ。

来週末に開催する「浅草六笑2022」。
LIVEで確認したいことがあって浅草東洋館に下見にいった。
一緒にいったのはロクディム・小田篤史。
朝10時に東洋館に入って、あーだこーだと確認する。
30分も立たないうちに確認は取れた。

で、

せっかく浅草に来たんだし。

ということで小田篤史と2人で浅草デートと決め込みました。

まずは東洋館の近くにあるサンマルクカフェにてチョコクロとコーヒー。

サンマルクカフェ小田篤史。果たし状をメールで送っているのかな?

アツシはそんなに時間がないということなので、とにかく浅草の主要スポットをめぐろうということに。
サンマルクカフェを出ると目の前にクリスマスツリー。
さっそくそこでパシャリ。

光り輝く小田篤史

兎にも角にも雷門でしょう。
ということで移動。
平日にも関わらず雷門前は観光客で大賑わい。
こういうとき、そうそうに正面からの撮影は諦める。ここがおじさんの潔さ。

人が多すぎたからか、すでに感情の色が見えなくなっている小田篤史

正面じゃないのも味わいがあっていいね。
じゃあ仲見世通りも裏を歩いてみよう。

裏は少し人が少ない。かわいい笑顔が戻った

ただずっと裏だとさすがに味気なくなっていたので、メイン通りに。
メイン通りはいろんな美味しい匂いが混ざり合っている。

「あ、お団子食べようよ」

はじめての浅草だっけ?というほどに初々しい声で小田篤史が言った。

お団子屋で並ぶ小田篤史。なぜか眼がうつろ
気を抜くとすぐに感情が見えなくなる。昔スナイパーだったのかもしれない
お団子を買ってきた小田篤史。きっと笑顔。しかし眼の奥は深すぎる黒
「これをお前のへそに入れてやろうか?」そんな声が聞こえてきたけど全力で無視した
「団子ってのはな、食うんじゃねぇんだ。吸うんだよ」
「な。わかるだろ。吸えばわかるんだよ」

表向きはしっかりと観光スポットだが、浅草は人情の町。その人の人間味が顕になる町なのだ。
最初は戸惑っていた小田篤史もじょじょに本質が現れてきたのかもしれない。

ただただ店を覗いているだけなのに完全にスナイパー顔
スカイツリーと。しかし眼の奥は変わらず深い黒

ここらへんからワタリが焦り始める。このままいくと本番でもずっとスナイパーみたいな眼のままかもしれない。なんとかポップな小田篤史に戻ってもらわないと。

ということで観光の大イベント「おみくじ」をやることに。

「この中にお前を入れてやろうか?」
「お前で51番目だよ」

「それは武器じゃないて、そこに書いてある番号の引き出しに入ってある紙を取るんだよ」
そう教えると小田篤史は素直に51番の引き出しを開けた。

「チチ キトク カエレ」
「あなたとはお付き合いすることはできません」
「弊社の審査の結果、縁がなかったことになりました」

何が書いてあったらこんな顔になるんだろう?

大凶のさらに上のやつがあるんだろうか?「大滅亡」とか?
黙っている小田篤史をみつつ、妄想が止まらない。
しばらくして小田篤史はゆっくりとこちらを見た。

え?吉!?

びっくりするくらい普通やん。

吉であの顔。あの眉間のシワ。
凶だったらどんな顔になるんだろう?
もう眉間のシワしかなくなるんじゃないかな。

そんなことを思っている隣で小田篤史は

「『怠けることなく、勤め励んでいるようですが、現在は辛さだけを感じていることでしょう。大いなる望みがあるので、一生懸命に頑張るものの、まだ、それが開花する時期とはなっていないようです』だって。もう20年以上やってるんだけどねハハハ」

と、それを笑いつつ

「『しかしながら、大空に目がけて飛び上がるつもりで大決心をもって本気で挑戦してみましょう。まさに、資産や財宝、出世などが得られて落ち着けることでしょう。』・・なるほどね。」

と書かれていることを噛み締めて

「もっと頑張れってことだね」

と言った。

吉を出した小田篤史の顔は少しずつ和らいでいった。

心を新たにする小田篤史の背中

そのあとは丹念に煙を浴びて

祈りを捧げていた。

生まれ変わった小田篤史

そのあとは伝説のコメディアンと心を通わせ

強い心をもつものと同化し

スカイツリーをバックに写真を撮りました。その顔は穏やかでした。

そんな心の変化を体験できるのが浅草!
人情と面白いことが渦巻いている町!

ロクディムの今年最後の単独LIVE「浅草六笑2022」ぜひにお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。