即興の振り返り

即興の振り返りは1人がダダダーと話しして終わりでなく、参加者が自発的に話しはじめていくことが大事。またその時に「良いか悪いか」「どちらが正しいか間違っているか」という評価の世界でやるのでなく、どういうことが起きていたのかをただただ共有していくことに務めるべし。その中で問題があったら「ではどうすれば良いのか?」とアイディアを出していく。
1人で抱え込まずに開示していく。素直になっていく。空気が緩むと笑いも起きる。

妄想や思い込みでなくその人の実際に触れていく。

少し勇気が必要なときがある。ただその勇気がより良いインプロに繋がっていくことが多い。

明日も即興ミュージカル「ヒカリ」あります。2公演。

ぜひ観に来てください。

p.s
最近ずっとチャリに乗れてて嬉しい。疲労は確実に積み重なってるけどね!

HIKARI〜ライフカプセル〜
◇11/25~11/27 中目黒ウッディーシアター 大人 ¥5000/高校生以下 ¥3000 ◇12/3~12/4 広島YMCA国際ホール 大人 ¥3500/高校生以下 ¥1000

【詳細URL】 https://tokyosamuraigunz.wixsite.com/hikari2021

チケットはこちらのURLより申し込みできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。