今日から「ヒカリ2022〜ライフカプセル〜」。当日の心境をつらつらと綴ります

久しぶりに日記のようなブログ。

即興ミュージカル「ヒカリ」、今年も東京と広島で開催。

ワタリが関わるようになって4年目。

まずは明日(日付変わって今日ね)の東京が初日。3日間6ステージを駆け抜ける。

で、次の週末に広島公演。

で、次の週末にロクディムの東京単独LIVEと、毎週末LIVEしている。

もう今年、とくに下半期はずっとてんやわんや。自分で望んだことでもあるけど実際にやってみると色々思うことがあるね。あいも変わらずやってみないとわからないおバカさん。

で、ヒカリに話は戻します。

今年は初のダブルキャスト。俳優では観月ゆうじくんと南翔太さん、ミュージシャンでは福澤和也さん[ギター]が初参加。

で、今回も変わらず即興のことであーだこーだとしております。

外枠が脚本で固めているヒカリ。だからこそより即興をやっていきたい。

しかし、その「即興」がちまたにある無茶振りやマウントの取り合いとはだいぶんかけ離れたことをチャレンジしているから大変。

今この瞬間に舞台上で起きていることを存分に感じ入って、しっかりと相手と呼応して関わり合うもの。繊細で未知。恐怖や愛情や勇気を内包して遊び合うもの。

まずそれを伝えることも難しい。

理解しても意味はないし、うまくやろうとしているととたんに破綻する。

いつも旅の途中。いまの自分たちの経過発表でしかない。だからこそギリギリまであがいてみる。それを楽しみながらね。

初出演の3人も素敵です。チャレンジしている様子を是非に観に来てください。

オリジナルキャストも味わいが増してきたように感じます。4年間の熟成ぐあいを味わいにきてください。

また今回を経て、ワタリはワタリの即興をぞんぶんに探究してたくさんの人に見てもらう機会を創っていきたいなぁと思っています。

体現し、観てもらってないと伝わらない。間違いなく、言葉では限界がある。

なんかええな~っていう即興をこの世に少しでも残せたらええなって思います。

ひとまず!今年のヒカリは今年でしか出せません!

ぜひに観に来てくださいませっ。

HIKARI〜ライフカプセル〜
◇11/25~11/27 中目黒ウッディーシアター 大人 ¥5000/高校生以下 ¥3000 ◇12/3~12/4 広島YMCA国際ホール 大人 ¥3500/高校生以下 ¥1000

【詳細URL】 https://tokyosamuraigunz.wixsite.com/hikari2021

チケットはこちらのURLより申し込みできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。