アンドモザイクス10周年記念ライブ終了!

「モザイクス10周年記念ライブ」がおわった。
想いがたっぷりの2日間。
東京からロクディムも:D(コロンディー)も参加。
それだけではなく日本全国から集まった即興人総勢23名。

最初はロクディムによるワークショップ「ジャムセッション」。

今回も最高にフォトジェニックの小田篤史

むこう10年観ることができない組み合わせもあったんじゃないだろうか。

全部の回を見届けたときにやってきた感動

毎回流れていたオープニング映像のテロップ「即興は生き様だ」が回を重ねるごとに皮膚に浸透するようにはいってきました。

最後の公演は「アンドモザイクスメンバーのみ」でのライブ。
今まではステージに所狭しとたくさんのゲストたちがいたけど、最後は自分たちだけ。6人でやる。
勘違いもするし、名前も間違える。
でも、離れない。諦めない。
関わり続けた。
そして、皆、素直だった。
そのあり方や姿勢に感動した。

ここからはワタリの妄想。
人間関係で起こるいろんなこと。
それは良いことばかりじゃなくて、わだかまりのような苦しいこともある。伝わらない。届かない。その積み重ねによって感覚も相手を観る目も濁って素直じゃなくなっていくこともあるんじゃないかとおもう。
でもそれでもと必死に関わっていき、毎ステージで本音と本気でぶつかっていったからこそ取れていった「余計なもの」。
10年間おめでとう!と駆けつけた皆のエネルギーや、新旧含めてのモザイクスのエネルギーが2日間、あのステージに放射され続けた。
そのせいか「素直になる成分」みたいなものがこの2日間で沁みついたのかもしれない。
最後、ステージにいた皆の顔が清々しくキレイだなと思ったのでした。

関われたことが嬉しいし、有り難い。
モザイクス、10周年おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。