【武道ブログ】2021年稽古納めでした。

武道納め。
いつから道場に通い始めたんだろう?っておもってブログを遡ると2020年の3月だった。もちろんその前からワークショップに参加していたりもしていたけど道場に通おう!と思いたち参加し始めたのがその時期。

だから1年と8ヶ月くらい経っている。びっくり。
でも月に2〜3回しか行けてないからギュッとすると1週間くらいじゃないか?と思う。

しかし1年以上経ってるってことは、去年も武道納めしてるのか?ってこれまたブログを観ると書いてある。

いまもって、やればやるほど果てしない。

しかし最初に比べたらとんでもなく遅いスピードだけど半歩くらいは前にでてる気もする。

なによりも「有り難い」という気持ちが強かった。こんなに人と触れ合い向き合い一生懸命になれる自分や、一生懸命ではあるけど本気じゃなく「本気のつもり」になってる自分とのショッキングな出会いなんてなかなかできるもんじゃない。
あんなに混じりっけなく人と関係すること、とんでもなく体を動かしたくさん考える時間。いくといつも「あぁ乾いていたんだなぁ」と実感する。
そしてそんな自分の枠内で起きている考えや想いを超えた先にある「武道」というものに少しでも触れることができたらなと思う。
とにかく最高の時間だったということ、です。

日野先生、和子先生、坂本先生、道場の皆様。

2021年もありがとうございました!

いまでも行きときは緊張するが、来年はもっと行けるようにしたいなぁ。スケジュール調整したいなぁ。って思ってるだけじゃダメだから今日スケジュール帳開いて考える(※いきなり心のメモ)

写真は日野武道研究所東京教室ページより拝借させていただきました!写真があるの嬉しいです!ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。