セブンルール「ダンサー・振付師yurinasia(ユリナジア)さん」の回を観た感想記

テレビ番組「セブンルール」を好きでよくみている。

今回はダンサー・振付師yurinasia(ユリナジア)さんの回だった。

福岡にいて公民館でスクールをやっていて、その日にMVPに輝いた生徒さんと動画を撮ってYouTubeにアップしていて、そこからバズっていった。

また選ばれなかった人たちにもダンスバトルの時間を設けていて、皆、そこでヒートアップしていた。
ワークの中にバトルを用意している。
その日選ばれなかった生徒のエネルギーを発散させる場もある。
その緊張感の中だからこそ育つものもあるよなぁと思う。

また動画がかっこいい。ダンスってなぁ。かっこいいのよ。
それに比べると即興芝居ってね。泥。泥臭い(ワタリがドロくさいだけという話しも・・)

でも、その良さを写せるやりかたがあるはずだ。

また番組を見ていて感じたことをつらつらと。

Q1.WS動画を見る人が「参加したい」と思えるものがあるのかどうか?
それはあるに決まっているのだけど、どうやったらうまく伝えられるのか?をずっと考えている。

Q2.そう思えるようなものにしているのか?
内容の探究だけでなく、ここの部分も汗をかいていこう。

Q3.そう思えるようなものにしたいのか?
そう思えるものにしていかなければ広がってはいかんだろうて。

ということで、試してみよう。

動画や写真が好きなワタリの新しい試み。
1人では難しいから仲間も集めよう。
そして新しいPCを買おう。

以下は先日開催した泥くらいワタリの「即興らくご」でございます。

泥中の蓮(でいちゅうのはす)というものもございます。
ここからキレイに咲き誇ってまいりましょうな。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。