自転車が楽しい。と改めて感じる「東京×チャリ×写真」

新しいチャリがそうそうにパンクして自分で修理できるように頑張った話はいたしました。

今日はチャリの楽しさについて語りたく。

いつかはチャリで旅をしてみたい。コロナ時代がきてよりそう思うようになりました。

二年前に愛車であるTokyoBikeが盗まれてからひたすらに徒歩生活でしたが、旅の欲求が高まり先日購入しました。今回の相棒はARAYAFederal2021!いわゆる旅チャリというやつです。

改めてチャリを買ってみて分かった良さ

何がいいってさ。チャリでしか見れない風景っていうのがあるのよね。

東京に来て24年ほど経ちますけど、移動が電車中心だとどうしても目的地以外の場所にいくことがない。(もちろん徒歩でどこまででもいける人は別よ)

チャリは電車移動中心だとどうしても見れない景色が見れるんす。

先日、世田谷の自宅から、練馬の稽古場にいって、そこから渋谷にいって、世田谷に帰るというルートを通りました。

合計で40キロくらいだったと思います。その時に少し写真を撮ったので今日はご披露をば。

え?40キロも走ってしんどくないのかだって?

しんどいよ。けっこうね

だから体力つくんす。ダイエットにもいいね。

またフッツウに車の横通るからね、危険もあるよね。

つまり本能が鍛えられるよね。

なんてお前修行者か!っていう理由ばかりだけではなくてね。

終電とかの時間に縛られない。また満員電車に乗らなくて良い。

これが最高ですね。それでは写真どぞ!

環七にでたことろ
ガーッと北上すると野方という場所にでる
練馬区
新宿
新宿駅西口のほう
代々木駅
細い道も通ります
明治通り(原宿あたり)
原宿クロコダイルにて
渋谷〜
新しいビルのあれ
スクランブル!
道玄坂をあがりきったところ
日が沈んでいきます
三軒茶屋近く
腹がへったからてんやをテイクアウト
三軒茶屋のキャロットタワー
ツワモノたち
近所の夕暮れ

密を避け時間の制約もなく、風や風景を感じる自由。

最高や!

と調子にのって本日もチャリ。

武道の稽古にいきました。片道13キロ。1時間ちょい。

しかし実際は1時間半かかりました。

そして2時間武道やって、また帰りも1時間半。合計5時間動きっぱなし。

帰りはもうヘロヘロ。でも

じつにいろんな東京を見れて楽しい。

もう東京観光やんね。あぁ東京にいるんだなって感じられる。

東京×自転車×写真

またアップしますね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。