変な自分を丁寧に表現すること

先日久しぶりに「インド旅行記」を発信しました。
2019年にいったインド旅行記。2年かけるってどういうことなんよねw
でも諦めずに1つ1つ書いていくとエンディングが見えてくるんだなぁとしみじみ。

正直これを書くことについて色々悩みました。超絶ざっくり言うと「変に思われるんじゃないか?」っていう不安。この変っていうのは悪い意味での変。「なんか・・ワタリさん・・・大丈夫?」って妙な心配をされる類の。

聖者に逢いにいくってワタリの周りでいないもの。ワタリしか知らない。

でもものすごく興味あるし、実際に奈良さんと「ナラワタリ」で対談もしているし。

ワタリの中では変は変だけど悪い意味での変ではまったくないということをとにかく言葉にしようと決めたのでした。

その上で変と思って離れていく人は、仕方ない。

変に受け取られないようにはするが、そもそも立派に変なんだからw

その変は堂々と発信していこう。

そんな気構えを書く前にしたように思います。

あとは1記事1記事向き合って書いていく。その連続。

また「インド旅行記面白い」「あのインドのやつ好きです」という声が本当に嬉しい。

今はこういう旅のブログを書くことが楽しいなって思っています。
好きな写真や動画も載せられるしね!
インドが終わったら今度は奄美大島での旅の記録を書いていこうかと考えています。

そんなことを考えていると、今東京で生きていることも旅なんだよね。
だからずっと旅の記事を書いている。そんな意識になるとまた楽しい。

さて今日はちょっと移動しています。神奈川県は鎌倉まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。