眺めず観察せず、渦中にはいって、その時の自分に任せるが良い

気を抜くとブログが滞る。
という言葉をどれだけ書いたのだろうw
ブログとワタリの関係ってなんなんだろう?って思うほどもう何年もやりあってます。

今日ここまで考えたよってことを、ワタリの周囲5メートルの人たちに伝えるためのメモ。

そのつもりでもなんか「これを・・だしちゃう?どうでもよくね?」とか考えるとあかんよね。判断がはいると止まりやすい。
日記は書いてます。だから書こうと思ったらいくらでも書ける。
でもそれを人さまに見せるってなったときに「できたらすこしでも楽しんでほしい」なんて考えると良くない。
そういうときって日記書いて、それを眺めながら考えちゃってる。
違うんだ。そうじゃないのよ。いい時っていうのは「書き始めちゃってる」のよ。
眺めてる自分じゃなく、やり始めてる自分がなんとかするのだよ。

なんでも遠巻きに観てるだけでは絶対に成し得ないのよね。

渦中にいる人。実際に手を動かしてる人間が体現者になる。

なんて言葉も書いてるからでてくる。このブログを書く前にはこんなことを書くってまったく思ってないもの。

だから常に渦中へ。うん。

ブログ書いてないからせめて今日のメルマガで書いてることにプラスして書こうなんて思って書き始めたら全然違う記事にw
これが面白いですなぁ。

じゃあ今日のメルマガで載せてる写真を載せておきましょう。

まさに渦中の人w
いや、これはなんとかしたい。重すぎてライブやる前に1回何かが終わってる。

猛暑続いてますな。皆、熱中症気をつけてね。熱くなるのは情熱だけで良いのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。