【ロクディムブログ】ロクディム稽古してる動画を1部公開してみる

先日、ロクディムの稽古のブログを書いた。

ここで出てきた「面白いんだけど、なにが面白いんだろう??」っていう感覚。

感覚としてはより安心していて、より今にいて、より遊べていて、より先が読めない。ただ見た目に面白いことをしていない。

ここの面白さを追求したいし、言語化したいし、お届けしたい。

で、その言語化できる日まで黙っているのか?っていうと全然そうじゃない。むしろ逆で出していってトライ・アンド・エラーを繰り返していかないと到達しない。

ということで一部を出してみることにした。

場所や関係性といった設定は何も決まっていない。

挨拶くらいのひと言を相手に言う。それだけ。

そこからお互い感じたり思ったことでやり取りをしてみよう。というもの。

またこのあとロクディムはものすごくネチネチとフィードバックを重ねていくんだ。

「その人のチャーミングな部分が出てるのが面白い」「素直なやりとり」「分からないこともそのまま出すのって高等技術なんじゃないか」。

そこででてくる言葉がヒントになったり、その言葉の積み重ねがロクディムをつくっていったりする。

そもそも舞台はお客さんという観てくれる人がいて初めて完成する。と、ワタリは思ってる。

だからこの動画を観て、なにかを感じる人がいるのかもしれない。

もちろんその場にいるわけじゃないから、動画だと色々情報が少なくなっちゃうけど。

それでもどうだろう?

一緒に面白がれると良いな。

2 件のコメント

  • めちゃくちゃ面白い。2人の微妙な空気がとても居心地が悪いようで良いのが楽しいです。
    ギリギリ壊れそうな橋を大人が子供のように笑ってわたっている感じ。
    思わずメッセージしていました!
    もっと公開してほしいなぁ

    • ものすごく嬉しいコメントありがとうございます!
      「もっと公開してほしい」そんなこと言われたらもっとあげるしかないね!w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。