【ロクディムブログ】ロクディム稽古20210714(水)

ロクディム稽古。

リアルで逢うことが馴染んできている。
それはワタリにとって本当に健康的。オンラインのしかもMTGだけだともうダメになっていたように思う。

逢って、目を合わせて話しして、体動かして、かけあう。

手探りで始めた稽古。じょじょに皆で何に取り組んでいるのか?がすこしずつ明確になっていっている感じがある。

また「そうそう、これが面白いんだよな」っていう再確認をしている感じもある。

いろんなことが「改めて」だし「新しく」でもある。

今日の稽古で生まれたやり取り。見ていた人が「面白かったんだけど、何が面白いんだろう?」という感想がでた。

なんていうのかうまく言葉にできない。

これだ。ってワタリはおもう。

なんだこれは?っていう感覚。
それこそが面白さ。

ただ、これをなんとかして伝えられるようにしていくことも頑張ろうっておもう。ただ、理屈が先行してしまうと途端に味気ないというか、本質がなくなってしまうような感じもあるから、なによりもこの「なんだこれは?」ってなった瞬間を大事にしたいなって思った。

次回からもっと稽古の時間を伸ばそうという話に。いい流れになってきていると思う。

協力:JOYJOYSTATION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。