HHKB Professional HYBRID Type-Sを購入して最&高な執筆環境になったことを報告します

今日はいろいろ嬉しいことがあったんだけど、とにかく言いたいのは

HHKBは最高やったってこと。(※キーボードのことです)

悩んだよ。本当に気が狂うんじゃないか?ってくらいに。

でも幸か不幸か親指シフトをやってるワタリからしたらキーボードにこだわるのは必然だったのです。

そんで買って今日届いて設定をちょっと苦労したけど頑張って使えるようにした今。

最&高。

なのです。

動画で何回もみたけど、やはり触ってなんぼやね。打鍵感とかね。

至福です。

言いたかったことはこれだけなんだけど、もしかしたらワタリみたいにMacBook Proを使っていて親指シフト使いでかつHHKBを使いたいっていう変態さんがいるかれしれないから、詳しく以下に書いておこうとおもう。

まずワタリが購入したのはHHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨です。

で、MacBook Proで使っている親指シフトのソフトはLacailleです。

今まではMacBook Proのキーボードでorz形式(一個ずらし)でやってました。

そんな環境です。

まずはHHKBとマックをBluetoothでペアリング。
しかし、ここからうまくいかない。
キーボードを認識してくれない。でもそういう仕様みたいだ。説明書をよく読むと書いてある。しかし、そこからまた難問。
LacailleがHHKBのスペースの両サイドにあるキーを認識してくれない。どういうことだ?と調べた。そしたらマックにつなぐにはドライバーをインストールしないとダメとでた。なるほど。インストールする。

よしこれでいける!と思うもニコラのソフトの環境設定で親指の右をなんとかHHKBのスペースキーのとなりに設定したいのに認識してくれない。で、一度ニコラのソフト自体を再起動する。そしたら認識した。よし!

で、マックのほうは今までは一個ずらしorzスタイルだったけど、HHKBをメインで仕様するなら通常の親指シフトにしたほうがいい。そこで改めてニコラを標準のやつにした。

標準になるとまた微妙にキーの設定を変える必要があるけど、これはもうその人の環境でやりやすいようにカスタマイズしたらいいとおもう。

スマホでも親指シフトアプリをいれたらできるようになった。でも細かい設定はできない。できるやり方があるのかもしれないけど、ひとまずPCでできるようになったから満足。

かなりざっくりな説明ですいません。「あ〜同じ環境です!だからもっと詳しく教えてほしい〜!」という変態さんがいたらコメントしてね。詳しく教えます。

ワタリ的に「かえうち」を使わなくてもできるってことが嬉しい。HHKB買ってもそれができるかどうかがいまいち分からなかった。できるよ!

あとは「おやうちくん」を買ったからもっと親指シフトしやすいキーボードになることが確定している。最&高や。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。