【日記】香川でもマン・ツー・マン セッション!_20210621(月)

まこちゃん、れいこさん、あんこさんとランチすることになった。
ものすごく気持ちいいテラスがあるカフェ。
行くと、あんこさんは庭にある紫陽花を撮影していた。

ランチ。ワタリはハンバーグ定食。

おしゃれの味。美味しい。

久しぶりにまこちゃんとレイコさんの話をきく。
2人の家の雑煮の味付けが同じ。味噌が合うっていう感覚。
それってすごい大事だよなぁっておもう。
レイコさんは仙ちゃんの子供げんくんの話をしている時最高に楽しそう。
即興で話をつくっててげんくんがケタケタ笑う。咳こむほどに笑う。
一緒にお風呂に入る時はげんくんが背中を流してくれる。

「ここは?」「あ~ここもええな~」というやり取り。

美しいなっておもった。
たくさん喋って時間がきた。
食後のホットコーヒーも美味しかった。現金をもってなかったからPayPayが使えてよかった。

あんこさんとの「マン・ツー・マン セッション」のため移動して「善通寺市観光交流センター」へ。

2階の大広間。建物じたいが素敵すぎる。ジブリ感。

あんこさんと向かい合う。
あんこさんはコロナになってから初めての対面即興。
ドギマギ感が伝わってくる。そんなあんこさんと向かい合うことでワタリも新鮮にたくさん感じられる。
最初は話をきく。
いまの現状を聞いたうえで何をするか見定める感じもあるんだけど、もうとにかく動いたほうがいいと思った。
リアルならではの向かい合い。
最後は芝居。
とにかくその場でダイレクトにやりあう感覚は面白いに決まってるやんなぁと改めて思う。即興は面白い。なんか馬鹿みたいに「おもちろい!」って言ったほうが使わるんじゃないか?ってくらいおもちろい。
そのあとフィードバックして終わり。

原人感が否めない右の人

あんないい環境なのに800円ちょいだった。最高か。

あんこさんとお別れをして、ロゴスへ帰ろうと思ったけど、マミちゃんがまこちゃんとレイコさんとあじさいを観てる時間だった。
電話。やはりまだ1時間くらいかかるところにいるとのこと。
傘じゃなく鍵がない~。
仕方ないからウォーキング・デッドのように大学内をうろつこうか?と考えた
が、結局カフェテラスに座ってオンライン・サロンをする。

あんこさんからの差し入れを食べながら話ししていると、なんか知った顔と目があった。
前の座組にいた子だった。
向こうからもこっちを観てくれたからワタリも気づいて話しかけたのだった。
それは嬉しいことだ。サロンで生配信中なのに色々喋ってくれた。

サロンが終わるとマミちゃんがきた。
マミちゃんとそのままご飯を食べにいく。
ゴッコ。ナポリタンが食べたくなるんだよね。
ナポリタンと明太パスタ。
食べてる時に仙ちゃんから電話。
昨日一昨日で起きた事件のことの顛末を話ししてくれた。
あとは座組の皆で話する時間を作ろうということになった。

パスタを食べて、ロゴスに戻ってすでに疲労困憊のマミちゃんは仮眠。
メルマガをアップした後ワタリも10分寝た。
ああいうときさって寝れるのが特技なのかもしれない。

時間がきて劇場にはいって、1840に仙ちゃんがきて、いろいろ話す。
皆、前向きだ。
皆、この作品を良くしようという気持ちで関わっている。
皆の話が聞けたことがとっても良かった。

稽古開始。
音楽との合わせがメイン。
今回ワタリは感情のうねりもセリフの量もなかなかのもの。
声。頑張ろう。
明日は場当たりだ。

弁当が残っていたからもらった。
もう20時以降食べないルールはゆるゆる。それでもかなりエネルギー使っているから良しとする。
今回役者だけでなくダンサーの方とも仲良くなれて嬉しい。

現在ワタリが香川で絶賛稽古中の公演詳細は以下!
本番は6/25(金)〜27(日)です!

詳細はこちらから!

ありそでなかったロクディムライブ「Jam TIME vol.2」は7/17(土)開催です!

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。