明日はいよいよロクディム企画の即興ライブ「Jam TIME」!

ギリギリまで本番を迎えることができるかどうか分からない時代ですが、現段階で98%はやれる流れになっています。

始まったらもう一瞬。刹那。秒。

ロクディムの宍戸勇介と、即興ピアノの小西真理と、スタッフの皆と、

この時代に足を運んでくれる皆さんとともに楽しみます。

宍戸勇介とはワタリが18歳(現在42歳)の時からの付き合い。同じ俳優養成所の仲間。
ワタリとは全くの逆。言う慣れば寡黙。なのに人気者。関西から状況してきた「喋らなければ負け」という十字架を(勝手に)背負ってきたワタリからしたら全く理解できぬ男だった。
一緒にライブをするようになってユウスケの魅力を知るようになっていく。
あのポーカーフェイスから繰り出される妙な言葉や間や謎。気を抜くとあっという間にワールドに巻き込まれている。ワタリにはできないことだらけ。

そして本当にお芝居が好きで、命を燃やすのが大好きな男なのだ。

即興ピアノの小西真理とも長い付き合いだ。彼女の音楽がどれだけ深みを与えてくれるか。今回はその音にどこまで融合できるのか。とにかく味わいたい。味わい尽くしたい。

そんな彼とコニタンとひたすら向き合える時間。もう感謝しかない。企画したワタリ、本当にえらい。

また劇場のアトリエ第Q藝術のyoutubeチャンネルのほうで「無料配信」もします。

1カメだし、撮影の會田くんにも
「せっかくだからもう思うままに、チャレンジしてみて!」
と言っているので安定した見やす~い配信にはならない可能性が高いです。ご了承くださいませ。

しかし、何か生の空間を映像でもお届けできるようなキラリと光るものがあるかもしれません。
お時間あるかたはぜひに見てやってくださいませ。

お席のほうはあともう少しありますので、劇場来るか悩んでいる方は是非!

コロナのことが心配で行きづらい人のためにもう少しだけ説明いたします。

開演は13時。本番は約45分。そこから休憩(換気)してアフタートークを30分いたします。

なので、狭い空間に2時間缶詰みたいなことではありません。

アトリエ第Q藝術のホールは1階で天井も高いので圧がありません。

出演者は皆、検査もしております。

客席もキツキツにしないように工夫してあります。

サクッと見れる感じで、でも内容は全力でお届けします~!

どんなライブになるのか?成城学園前駅徒歩3分のアトリエ第Q藝術にてお待ちしております。

チケット&詳細は以下です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。