【ロクディムブログ】Jam TIME稽古

20210601(火)
Jam TIME稽古。
6/5(土)に開催するライブに向けての稽古。
配信もするのでその練習も兼ねて撮影スタッフ會田くんにも来てもらう。
今回ビデオカメラでなくワタリのもってる一眼カメラを使って撮影してほしいとワガママを言った。
それを拒否することもきっとできただろうけど、それを受けてさらに「だったら〜」と提案してくれる。ありがたし。
ピントは自動でもいけることがわかった※SONYは優秀あとはズームをスムーズにするためにフォローフォーカスをレンタルして試す。前の「即興らくご」での配信でも自動のフォローフォーカスを試したが、レンズリングが硬くて駄目だった。今回は手動のものを試す。
慣れれば使えることがわかる。
そんなトライアンドエラーは機材だけでなく内容も。
どんなライブにするか?
なんで即興なのか?
どんな即興がしたいのか?
それを実現するには云々。
いろいろ話し合い試していく。
今日は新しい企画を試してみる。感触は良し。
パターンを超えていくための装置。自分たちではコントロールできないものを入れていく。
対話を繰り返すことで、どっちの方向に向かっているのか共有できていく。
そんな過程そのものが楽しい。

ロクディム企画「Jam TIME」まであと3日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。