即興らくごを「公開」にした感想

5月22日(土)にやった「公開!即興らくごの日」のブログを書いてないことに気づいた。

なんでだろう??って自分でも不思議で理由をさぐってみると、メルマガには綴っていることを思い出す。なんてこった。それで終わってもーてる。

メルマガで書いた感想は以下。

「即興らくごの日。 予想よりも多くの人に見ていただけたようです。嬉しい。 コメントくださった皆さまありがとうございました。 らくごしながら、パッと目に入ったものしか使えておりませんがアーカイブを見て「ああ、この人も!この人まで!」と嬉しい気持ちになっております。
アーカイブも残しておくことに決めましたので、まだ見ていない方は是非お時間あるときに見てやってください。

中身のことも言われると嬉しいけど、配信のクオリティが高い!という声が多かったのもめちゃんこ嬉しいです。

2カメでの配信だけど、撮影は會田くん、スイッチングは永田マミ、設営は鈴木匠とロクディム公演でもかなりの回数チームになっている関係性もあり、ワタリの即興に見事に呼吸を合わせてくれております。

こういうのも含めて見ていただけるとより楽しいかと!

ここでも書いてるけど、配信のクオリティが高いと言われることは嬉しい。
1人で即興してるけど、1人じゃない証拠。スタッフも含めて皆が即興的に動いている。関わっている。それが画面にでてる。

オンライン・サロンで月に1回やっている即興らくごを公開する企画。
無料で公開するぶん、誰が見て、何を言われるのか全く未知数であるというリスクに小心者のワタリが顔を出す瞬間もあったけど、やってよかった。
おかげでメンバーが増えたりと嬉しいことしかなかった。

こうやってどんどん飛び込んでいく。失うものなんてないんだからさ。とにかく具体的に動いていく。その連続である。あーる。

その大きな一歩である「即興らくご」。
最終的に屁しかこいてない話になったりして、このどうしようもなさがまた好きです。
どうぞ観てやってつかーさい。

6/5(土)、渡猛が共同主宰する即興チーム「ロクディム」のライブ企画「Jam TIME」が開催。ワタリと宍戸勇介、そして即興ピアノの小西真理が出演します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。