【動画:ウクレレひとり発表会#002(応援付き)】ウクレレ購入6ヶ月で「Merry Christmas Mr. Lawrence」をどこまで弾けるのか?

3ヶ月ぶりに「ウクレレ動画」をアップしました。

ただ、演奏するだけでなく、演奏しているやつにコメントするというスタイル。

1番の目的は「ウクレレ上達したい」。

しかし、ただ稚拙な演奏をお見せするんじゃあ、見てくれる人に申し訳ない。

少しでもエンタメを!って気持ちで「コメントする」というスタイルをやった。

反応として興味深かったのは「自分が自分に対していい感じに応援&褒めてることに感動した」という人がいたこと。

普段、自分に対して厳しくしがちな人が、この自分にたいして実に絶妙な(甘々ともいう)応援をみて心が動くというのもあるんだな~と思った。

ウクレレで演奏するということだけでなく、自分がメインで探究している「人間関係」に結びついているのが実に面白いと思った。

もう一石二鳥どころか4鳥くらいのコンテンツ(この諺って考えれば考えるほど野蛮な気がしてきてる)だなと。

ただ、やってる本人はそこまで意図しているわけでなく、応援する側も演奏している動画を再生して即興で喋ってる。だから実に素で自分に甘いのが露呈している。(それでいい!)

ということで第二弾です!3分もないので、是非みてやってくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。