聞く耳をもつ。任せる心をもつ。

ワタリの活動を応援してくれる人からアドバイスなるものをいただくことがある。

実に有り難い。アドバイスもそうだし、その人の人生の時間をつかってワタリのことを考えてくれたということが嬉しい。有り難い。

しかし、その助言は1から10まで説明されたものではなく「こんな感じで~」というイメージだったりすることがある。

それを実現するには、伝えてくれたイメージを具体的にしたり、意図を推測したり、ときにはイメージを膨らませたりする必要がある。

ワタリがその時間をもてなかったりすると、感謝の気持ちだけが残り、それはいつしか「せっかく言ってくれたのに実現できなかった」という申し訳無さに変わったりする。最悪や。

つい先日もそういうすこし抽象度のたかいアドバイスをいただいて「これってどうやって現実にすれば・・ん~」ってなっていた。

そしたらツマミちゃんがきてワタリに言った。

「聞いてみたら?」

ワタリは一瞬なにをいってるのか分からず、キョトンとした。

「なにを?」

「もっと詳しく教えてって」

革命か?

なんで今まで思わなかったのか?

アドバイスをくれた人に、もっと詳しく聞くこと。

そんなシンプルなことを思いつきもしなかった。

本当にそうだわ。

アドバイスをくれた人にすぐに連絡をとると「いいですよ!いつがいいですか?」となりあれよあれよとmtgの日が決まり、結果、具体的に話がきけた。

それは実現可能なシンプルなアイディアだった。

それだけでなく、そのmtg中に新しい提案までいただくこということが起きた。
革命か?革命2か?

確認すること。聞くこと。

アドバイスをもらえるだけでも有り難いことだ。だからそれ以上は自分で考えるんだ。

そんなふうに気張っていたのかもしれない。

また「それについてはさんざん考えてきて、その上で今があるんだからもう聞く必要はない」と意固地になっていたのかもしれない。

どちらにせよ、だ。

もらったアドバイスを下手に抱え込み、動けなくなり、結果なくなるなんて超・もっ・たい・ない!

もっと関わっていく。確認していく。聞いていく。

せっかく関わってくれたのだから・・。

聞く耳が、任せる心が育ってきた42の春。

あとはひとつひとつ身体を動かしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。