【ライブ情報ブログ】「愛媛をヒトリワタリ」開催にむけて動いてます #741

「ワタリさん!またやりましょうね!絶対!」

今から1年半前。愛媛でのワークショップと即興1人芝居LIVE「ヒトリワタリ」を終えたあとの打ち上げで美味しい白ワインを飲みながら主催のあんこさんが言った。

「やろうやろう!」と約束する。でも打ち上げの席での話。その場で終わることも多い。

でも後日あんこさんから連絡あって、「次の日程を決めましょう!」と具体的に申し出てくれて日程が決まった。本当に嬉しかった。

しかし、その日程の前にコロナが来た。

「ワークショップは難しいかもだけど、でも!ライブならまだやれますよ!」

困った顔もしながら、それでも諦めず、開催する方向で動こうとした。

しかしそのあとすぐにやってきた「緊急事態宣言」。延期となった。

延期の日程も具体的に決めた。

しかしその延期となった日に調整するのが難しくなってしまった。(コロナはいろんなことを「リスケ」させた。)

ということで、年内は開催不可。

「来年やりましょう!諦めませんよ!あたし、しつこいんです!w」

と笑うあんこさん。こんな時代になっても前向きに、そして諦めず実現しようとする。いろんなことが自粛になり、声をあげて「やるよ!」と言い辛くなった。その空気は「やりたい」人の熱にゆっくりと水をかけていくようなもので、いつしか知らない間に「やりたい」っていう気持ちがどこにあるのかわからなくなっていきやすい時代の中で、あんこさんは笑いながら、なんとしてでもワタリを愛媛にと熱を語ってくれた。

その熱はワタリにも伝染する。ワタリも諦めなかった。

2021年明けて、スタッフともmtgをした結果「4/24」が良いとなった。

3月になり、少しコロナが落ち着いてきた感覚があり、チャンスとばかりに、開催にむけてあんこさんと何度もmtgと広報動画撮影を重ねていく。

時代はあいも変わらず水をポタポタと火にかけていく。

なんとしても火を消したくない。

その想いからか、あんこさんは撮影した動画を編集するためにPCを購入した。(※ちなみにあんこさんは動画編集はしたことがない)
またワタリと同じ髪にする!とサイドと後ろを刈り上げた。(※今現在、ワタリは髪を刈り上げていないのだけど)

そうやって自分を鼓舞していく姿に感動する。

しかし、

4月になり、ライブを告知しようというタイミングになったとき、またコロナが騒ぎはじめている。

判断が難しい。いまだに予断は許さない。しかし「禁止!」とはなっていない。

あんこさんと緊急mtgする。

PCの向こうのあんこさんはあいも変わらず笑顔だ。それは能天気ということではない。闘う人の笑顔。なんとしてでもやるんだという覚悟の人の顔。

とにかく対策をしっかりしてガイドラインにのっとってやると、決めた。

現在4月13日。

公演の配信チケット販売開始は4/17日。

本番は4/24。

状況は刻一刻と変化している。

いまだって、この記事を平気で出す感覚ではない。

しかし、とにかくやると決めたら黙っているわけにはいかない。とにかく「今」を発信します。

またfacebookのイベントページに、あんこさんの想いや動画があります。

本番は24日ですが、それまでも本番でございます。

これからもブログやfacebookページにてお知らせしていきますので、ぜひ、皆様、見守り、応援お願いします。

どうあっても、諦めはしないのだけどね。

3 件のコメント

  • 涙で前がみえません…
    いやまだ泣いてる暇はないのだけど。

    渡さん、ありがとうございます。

    もし、4月がだめでもあきらめませんよ(笑)
    そして、無事に開催できたとしてもまた次!です♪

    • あきらめない強さ。すごいです❗

      長期にわたって雨に打たれる方が、
      どしゃぶりの雨に一時打たれるより
      辛いと思うけれど、
      その中で笑顔でいるってほんとにすごい‼️

  • 小倉あんこ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。