今日を充実させるために忘れたくないこと

日々、牛歩的だとしてもやり続けること。

それが本質への道なのだと自覚しよう。

それはブログであり、映像編集である。

1日かけて1分しか進まなくとも、やり続ける。

そういうものなのだとやっていく。

やればミリ単位だとしても進む。

やらなければ何も進まない。当たり前だが本当にそうなんだ。

日々の身体操作トレーニングも同じことが言える。

ウクレレや歌もそうだ。

どれもやらなければ何も進まない。

時間がかかってもいい。

うまくできないのは当たり前。

雑音や雑念がはいってきやすい世界や環境で、心を奪われ、過去の自分や、まわりとの比較が起きやすい。

平穏、平和を自分の中にもつこと。

そうなるように、身体にも耳を傾け、一生懸命考え、工夫をすること。

7回ほどの深呼吸。5分の瞑想でもいい。

いつか動かせなくなる日がくる。その時まで。

身体、心を活動させていく。具体的に手を動かし、足を使う。

さて、今日も自分のペースで、ペースを超える。

無理せず無理する。

楽しんでいこう。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。