踏み出すから生まれるし出逢える。だから臆さず一歩。出していこう。

昨日はとにかく一日中、「マン・ツー・マンセッション始めます」の記事やアイキャッチ画像をうんうん唸りながら作った。

【インプロWS情報】1対1で向き合う個人WS「マン・ツー・マン セッション」はじめます

2021.03.19

名前にしても「セッション」なのか「ワークショップ」なのか「ジャム」なのか「プライベート」なのかもう調べていくと色々ある。最終的に「マン・ツー・マン セッション」となった。

アイキャッチに1番時間がかかったんじゃないかな。
3パターンくらいつくって最終的に「空と風船」の写真になった。

最初はさ、ワタリ自身が出てるやつを作ったんだよ。

どう?ワタリはね、怪しいなー!って思った(自分なのに!)

いい感じにできるデザインセンスを持ち合わせておらず、ボツ。

もうアイキャッチ画像手掛けてくれる人いないかなーーーー?ってTwitter上で投げかけてみても良いのかもしれない。

たいした謝礼も払えないから自己判断でやめちゃってるんだけど、投げかけること自体はタダだものね。(誰か助けてください)

いろいろありつつも、なんとか完成!

ブログや各SNSにアップ。

なんとなんと嬉しいことにすぐに問い合わせがあった。

自分で考えたことを形にする。それを世に出す。誰かと出逢って反応がある。

反応がきてようやっと「生まれた」ってことになるんだと感じる。だから本当に嬉しい。

今回のことだけでなく、ライブにしてもワークにしても映画にしても同じこと。そういう仕事だし、そういう生き方をしているんだと改めて思う。

今回のセッションも思いついてから3週間くらいたったかな?焦っても仕方ないが、いたずらに時間を消費してる時もある。そのうちの10%くらいは「本当にやる?」なんて無駄な不安だったり考えがはいってる。

「できるかどうか?」「むいてるかどうか」「やっていいのかどうか?」

そういうのは本当に休むに似た考えなんだと思う。(だったら休んだほうがいいし!)

そこに気づいたらさっさと切り替えて、やるべきことをただただやっていく。

他にもやりたいことがあるから、それもさっさと形にして出していこうと思うよ!

さらに生まれて出逢うために。


渡猛の即興WS「ワタリーショップ」、次回は21日(日)リアルワークです。
詳細はこちらまで。

渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」に参加してみてください!舞台裏を赤裸々に語ったり、限定の企画も開催したりしております!月額1,000円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。