【インド旅行記】シルディ・サイババに逢いに行く〜29〜「日本に帰る。シルディから空港へ」

インド旅行記とは?
ワタリが2019年に行ったインド・シルディ村での体験を綴った連載もの。

前回までの物語を読み直したい人は「インド旅行記」をクリックしてね。

車に乗って、空港へ。

後部座席にワタリと奈良さんとUちゃん。
そのあいだの話しがナラワタリwith Uちゃんみたいに面白い。
動画も撮ったので少しおすそ分けでございます。

ここでも言っているけれど、もっと知識が欲しい。
じゃないと学びきれないものがある。
とにかくノートを取るので精一杯だったり、動画を撮ったりするので精一杯だったりでした。

またUちゃんっていったい何者なのか?の興味が尽きない。
ワタリの雑感だとUちゃんは
奈良さんと同じところで会話できるお人。
例えばババからのメッセージなどをUちゃんは疑いなく受取ることができている。

「これは自分の思い込みかどうか?」をどうやって判別しているのか?

Uちゃんに聞くと

「それに関しては練習したかも。練習したつもりはないけど今思うと練習だったかもしれない」

という答え。なるほど。

なんて話しをしている道中、途中で鳥が死んでいて、皆で拝んだ。
ワタリがすぐに祈り終わり、デニッシュさんが
「そろそろ空港です」
と言った返事にUちゃん祈りをやめて
「はーい」
と答える。

そしたら奈良さんがUちゃんに

「まだ途中じゃったろ?最後までやる」

と言う。

ウランちゃんも
「はい。そうでした」
ってまた祈りなおす。

Why?(YAZAWA風)

なぜそれがわかるのか?
インド旅を通してもいまだWhy?がたくさんある。
それが面白いのだ。

祈りが終わった途端、空港に着いた。
動画で見ると実に完璧なタイミングで。

皆が揃っていざ空港へ。

入り口でパスポートを提示するときに

なんと

奈良さんがパスポートをホテルの部屋の金庫に入れっぱしということが判明。

ここでの皆のからかい具合たるや。

「まぁ奈良くん!そういうこともあるよ!」
って皆、それぞれいじる。

「はい!すいません!」
と完全舎弟キャラで奈良さんも対応。

スタッフのかたがパスポートを空港まで届けてくれることになった。

他の人はパスポートを提示して空港の中にはいる。
中に入れない奈良さんはひとり、パスポートの到着を待つ。
そのときの奈良さんの後ろ姿がなぜか神々しい謎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。