「マツリワタリ2020〜マツリを止めない〜」が終演。そしてここから始まること。

「マツリを止めない」と決めて、自分のできる限りの声で叫びました。
その声に反応し、助けてくれた人、応援してくれた人たちがいます。
本当に感謝しています。これから時間をかけて返していきます。

マツリは、膝が震えるほどの恐怖も、飛び上がりたくなるほどの喜びも、心が折れそうになるほどの情けなさもくれました。そしてステージは涙がでるほどに幸せな時間でした。

2日間。6ステージ。これが今のワタリの全部です。

アーカイブは残ります。またここから2週間は「応援チケット」も販売しております。
リアルタイムでは観れなかった方々、アーカイブみて心が震えたらば!
是非これらかのマツリを一緒に盛り上げる仲間になってください!

ここから、本当の意味で「マツリを止めない」がスタートします。
果てはどこなのか?いけるところまでいきましょう。
どうぞよろしくおねがいします!

アーカイブはこちら→https://www.youtube.com/channel/UCTLVwQs-NWWVOP2e0zGbECw

またワタリのマツリワタリにたいする想いやお願いをもとめた記事は以下です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。