愛され続けるためにめちゃんこ大事な2つのこと

近所に美味しい洋食屋さんがあって、たまの贅沢でいくんですね。

今日もランチに行ったんですが、料理もとんでもなく美味しいんだけど、それと同じくらい味わえるのが店員さんの接客。

元気、丁寧。

店長がまぁすごい。

しっかりと目を見て「ありがとうございました」と感謝を伝えてくれる。

その目の見方がすごいんですね。しっかりと見てる。ちゃんとこっちを認識している。それだけでもすごいんだけど、さらにその奥にはいってくるような。奥にくるが嫌じゃない。

味だけでなく、それも込みでファンになる。また行こうって気持ちになる。

非常事態宣言の時も、お弁当だけ出していて、そのときも買いにいきました。

「なくなってほしくない」そう思えるお店。

内容のクオリティの高さと関わり方。

この2点。ものすごい大事。

ワタリもその2点のクオリティをあげて「なくなってほしくない」と思われるような存在になろうと、もっと精進しようと思ったのでした。

マツリワタリまで残り37日。

やれることを最大限にやるしかねぇ!

ロクディム・トライアルツアー2020の特設サイトができました!

10月〜12月まで駆け抜けるツアーの詳細がここに掲載されていきます!できたてのサイトをみてやってつかーさい!


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。