新相棒誕生!

昨日のメルマガで「マツリワタリどうする?」という話をしました。

知ってほしい、伝えたい、広めたいことがあるならば、

同じ場所から叫んでいても、その声が届く範囲は決まってる。
だったら自分の足で移動しながら叫んでいこう。

そんな想いから数年前に企画したのが以下。

見てわかると思うんですが、性格的には向いてない。

知らない人に声をかけるなんて!ナンパも中学1年の時に

「あ、、あの、、、一緒にプリクラ取りませんか?」

りんご農家の人なら喜んで収穫してくれるんじゃないか?ってほどに真っ赤な顔して言ったのが最初で最後。

でも、やったあとの高揚感はスゴかったんです。

この一期一会感。

まさに即興。

あれから数年たち、また始めようとしてる。

前回の日光では三線が救ってくれた。

今回は?

「ウクレレっしょ」

突然ワタリの中のキムタクが答えた。

ワタリ「え?」
キムタクリ「ウクレレっしょ、絶対」
ワタリ「わかるよ。なんか携帯性も良いしさ、ポップも切ないのもいける幅広さとかさ」
キムタクリ「じゃ決まってんじゃん」
ワタリ「でもさ、ギターも三線もあるのに」
キムタクリ「ちょまてぃよ」
ワタリ「ん?」
キムタクリ「いま、ワタリがそう思ってんならさ、ぶっちゃけ、それしかないっしょ」
ワタリ「、、」
キムタクリ「ぶっちゃけ」
ワタリ「、、、」
キムタクリ「ちょ、ぶっちゃけ、まてぃよ」
ワタリ「、、うん!」

そうなったらいてもたってもいられず、とにかくウクレレ検索。そして昨日ウクレレ専門店へ。

御茶ノ水って、世界的にも例のない楽器の町って知ってました?

ワタリは知らなかった。20年以上東京にいるのに!

駅降りたらもう楽器!!みたいな町。

そこでウクレレ専門店は約2店舗。

ウクレレ・タンタンというお店に入った。

大正解でした。

店員さんのホスピタリティ溢れる接客。

あっという間に心が緩む。いろんな種類のウクレレを見せてくれて実際に触らせてくれて、話もたくさんして。

購入しました。

お店ですぐに調弦してくれたりするのもスゴイ。

目の前で職人さんが丁寧に調整してくれるのを見るだけで愛着がわきます。

ワタリとしてはかなりのスピードで決定した!

それほど追い詰められているということでもある!w

「マツリを止めない」という願いを込めた即興旅が始まろうとしております。うわわわわわー!※言葉にすると実感する

「なんかまだよく分からないけど、応援してる!」っていう慈悲あふれるあなた!

ぜひ、これからもブログをよろしくです!

またメルマガ、Youtubeや、オンライン・サロンも覗いてみてね!

ロクディム・トライアルツアー2020の特設サイトができました!

10月〜12月まで駆け抜けるツアーの詳細がここに掲載されていきます!できたてのサイトをみてやってつかーさい!


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。