心の五大陸に響き渡るときって

夜になるスピードが早くなりましたね~。

こんばんわ。

切ない気持ちになるのが嫌いじゃないワタリです。

ロクディムのトライアルツアーまで今日でちょうど1週間。

いつもよりもチケットは売れておらず「皆、オンライン疲れしてる」という言葉を実感しております。※この切なさは好きじゃない

でも、だからこそ時々いただく「楽しみにしてるよ!」「もう両日買ってる!12月の浅草もいくよ!」という言葉がね

渡猛の心の五大陸に響き渡り、五臓六腑に沁み渡ります。

チャレンジすればするほど、本気であればあるほど、人の優しさとか応援がとてつもなく沁みます。

そういう人への恩は1000倍返ししたい。

いや、返します。

まずはライブを最高のものにするべく今日も駆け抜けます。

そうそう。3日前からインスタfacebookのほうで『顔ダンサー渡猛の「何を聴いてるでしょう?」』をはじめました。

もうなんでしょう。

この世にいらないものランキングのわりかし上位にいるんじゃないか?って思ったりw

でもやってみたい!ってなったからやってます。

いろんな角度からトライ・アンド・エラーをやってみる。

エラーしたら修正してまたやる。

自分を拡張されること。

「思ったらやってみる」のスピードをあげること。

そして、本気で取り組むこと。

このメルマガもそうです。

改めて考えています。

でも動きが重く遅くなっていかないように。

このバランスよね~。

ロクディム・トライアルツアー2020の特設サイトができました!

10月〜12月まで駆け抜けるツアーの詳細がここに掲載されていきます!できたてのサイトをみてやってつかーさい!

渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/

Photo by Aleksey Oryshchenko on Unsplash


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。