【インプロWSブログ】オンライン・ワタリーショップ見学体験

昨日はオンライン・サロンのメンバー限定で、オンライン・ワタリーショップを見学ありにして開催しました。

zoomでどうやって見学をしてもらうのか?という外枠のことだったり、見学がいることでどういう影響があるのか?また見学する人がどういう状況なのか?などなど知ることができてとってもいい機会でした。

「参加するには敷居が高い」「子どもをみてるから、参加はできないけど、見るくらいならできる!」

など「見学」だから入れることもあるんだなと分かったことも大きな収穫でした。

9月はサロンメンバーだけでなく一般にも公開します。

詳細はこちらをみてね。(※9/27に書かれています)

「観られている」という状況は、実際にワークに参加している人にも当然影響があって、面白い。

10月からは有料(見学料500円。オンライン・サロンにはいっているメンバーは無料)で開催する予定なのでオンライン・サロンに入っていなくて興味あるかたは9月だとお得でございます。(※オンライン・サロンに入ったらもっとお得なんだけどね)

コロナ時代になって、いろんなことが変化しておりますが、じょじょに新しい時代に馴染みつつ進化している感じがします。

だって3月の段階では、オンライン・サロン立ち上げて、毎日生配信するとか想像すらしていない。

ただ、今のワタリが直面していることだったりを全力で語ったり、表現したりする場や、そこに集まるコミュニティとの繋がりは、ワタリにとってとっても贅沢だし、豊かだし、有り難いものになっています。(※毎日本番があるという大変さと楽しさ)

もしピーン!とかビビビ!と来た方は是非記事だけでも読んでやってつかーさい。

だったり渡猛のオンライン・サロンの詳細はコチラから!


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。