強い光で刻まれた、おぼろげな記憶

昨日、全力で向き合って喧嘩している子どもの話をしました。

その時にふと頭に浮かんできた映像があって、その記憶について、日記的な感じになるかもですが、書いてみようとおもいます。

強い光みたいに残っている過去の話。

それはワタリが小さいとき、たぶん小学校低学年くらい。

雨の日。

近所の公園。

小さな公園の真ん中にあるすべり台。

その頂上に集まって傘を集めてドーム型にした。

友達は女の子ばかり。

3人だったか4人くらい。

色とりどりの傘の下。

見える世界はポップで。

傘の中でキャッキャ遊んでいた。

でも次の記憶は、ワタリがすべり台の下にいて、号泣しながら1人の女の子に叫んでいるシーンになる。

彼女の顔がどんなだったか?戸惑っていたのか泣いていたのか。

ピントが合わない映像みたいにおぼろげ。

でもあの時の泣いて叫んでいる感覚はハッキリあって。

なにが原因だったのか?なにか自分の中の大事なものを踏みにじられたような。そんな感覚。

そのあとどうやって帰ったのか?まったく記憶にない。

そこから遊ばなくなった。

数年たって。

隣の団地だった彼女とたまたま外で出くわした。

「あのとき・・ごめんね」

「あぁ、ぜんぜんぜんぜん!」

なんてことを言われた。ような記憶がある。

ド感情でぶつかった時代と。

自意識全開でかわしてる時代。

でも、ぜんぶ、どれも、もうピントが合わなくなっている。

本当にあったことなのか。はたまた強く刻まれた夢なのか。

それくらい過去は曖昧になる。

記憶っていうのはいい加減。

でも、なにかの拍子にぴょんと現れたりする。

なんだかそういうのが面白いな。そう思う。

良いとか悪いとかでなく、強く刻まれたこと。

強い光で脳に刻まれた。

その光が「生きてる」ってことなのかもしれない。

あなたの脳に強く刻まれた光はどんな映像ですか?

お便りでも、今度逢ったときにでも教えてくれると嬉しいです。


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。