いまにいて100%相手にむき出しで向き合う

この家に入居するときにマンションが契約しているネットが弱くて「爆速のやつに個人で入っていいですか?」と聞いたら不動産に断固として拒否されてしぶしぶ弱いネット回線に入り今まで頑張っていましたが、今朝ポストに「NUROの提供が可能になりました」の紙がはいっていて、「やったー!」と速攻で申し込みの電話をしたんですが、気持ちは嬉しさと、「あれだけ言って断固拒否されたのに時世が動くとこんなに簡単に通るんだ」という個人の発言権の弱さを痛感もして「なんだかなぁ」ってなってるワタリです。権力がほしいです。(※絶対に権力を与えてはいけないタイプの人間)

今日は全力で感情をぶつけるというお話。

我が家のツマミちゃんは保育園で働いているんですが、そこでの話を聞くのがワタリの最近の楽しみの1つです。
 

とにかく子どもたちが全力。

昨日の話では、2人の子どもが全力で喧嘩をしていたとのこと。

「◯◯ちゃんなんてだいっっっっきらい!!」

「ぎゃーーーー!!!!」

と向かい合ってやりあっている。

それを聞いて「そんなに全力で人と向き合うってすごいよなぁ。それが向き合うってことよなぁ」なんて感動します。

即興のワークでも日野晃先生の武道稽古でもこの「向かい合い」というのを大人が一生懸命します。

100%相手に向き合う。

それがなかなかできない。

しかし、子どもは基本でそれをやっている。

ここ。ここの部分。ワタリが自分のブログを「ワタリーボウヤ」としているのはここです。

この子どもの感覚を持ち続けるということ。

べつに全力で喧嘩しろっていうことでなく。

この子たちみたいに全力で生きているということ。100%いまにいるっていうこと。

大人になっていくにつれて脳が情報を処理できるようになっていき当たり前に鈍くなっていくやつ。

それを大人になっても感覚を磨きつづけて、やる。

本当に大事。いや、もうなんていうんだろう。大事っていうか好きってことなのかもしれない。

そんな人間が好き。そんな状態が好き。

ひとまず、ネットが爆速に確実になるように新しい業者さんと向き合ってやろうと思います。

写真は大人になっても遊びきってる人と、そのシンボルと、自然に向き合えている猫です。


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。