このぐつぐつと湧き上がるほどの熱を形にする

SONYのカメラを買って、すぐにコロナがきて、なんだか使う機会がないなぁなんて思っていたけど、先日依頼があって、吹奏楽部を撮影したのは前に話ししたとおり。

そういう機会があるとちゃんと勉強するんですね。

で、仕上った映像をみて「・・いいじゃん!」ってなったもんだからより映像に興味が湧いているワタリです。

18歳で上京した時から、ずっと映画に興味がありました。

そもそも映画をみて「俳優になりたい」と志したんですね。

だから20歳過ぎたくらいの時に友達づてに自主映画をやってる人を紹介してもらったり、自分でも30万くらいするビデオカメラを買ったりしました。

しかし、そのときからずっと嫌だったのは「映画みたいな映像にならない」ということでした。

どうしてもビデオカメラはビデオカメラの画にしかならない。

頑張ってもテレビドラマみたいな感じにしかならない。

「映画みたいな?それしたいんだったら数千万規模の機材買わないとね」

なんて言われて絶望した。

だったら8mmとかで撮ったほうがまだ良いみたいな感じになっていた。

それから20年。

進化しました。

個人でも映画にかなり近い映像が撮れるようになりました。

昨日も映像の勉強して、かなり良い画に出逢いました。

20年たってようやっと満足のいく映像美に出会っています。

あぁ、これから楽しみ。

映画もPVもドキュメンタリーも全部自分で創ることができる。

これはワタリにとって大きいことです。

写真も相当に良いもの撮れるしね。

自分がやりたいだけでなく、いろんな人の写真や動画を撮ることもできますから!

「ワタリ!撮って!」っていう人、相談してくださいw

そういう関わりもできるようにまずは「こんなん撮れるよー!」っていうのを創っていこう。


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。