「苦手」という呪文

メルマガが501回目になりました!※LEVI’S501が大好きです(言いたいだけ) 

8月になりました!

そしたら東京も梅雨明け!

じめじめからカラッと!夏がきました。

身体的には好ましくないけど、やはり「夏!」って良いですねぇ。

洗濯物がいい感じに揺られあっという間に乾きます。

7月は曇った日が多くどんより。ですが、そのどんよりの中で自分の中でいろいろ熟成させる時期だったのかもしれません。

やりたいことがたくさんです。

後半はいろんな人が連絡してきてくれてまた活動も増えそうです。

昨日新しく購入したカメラのレンズも到着しました。

動く8月がやってきたのかもしれません。

たくさん考えてやってみたいことが溢れた7月。

それを実際に行動して現実にしていく8月。

実現するためにはスケジュール!

改めてしっかりスケジュールを見つめていこうと思います。

油断するとスケジュール帳を開かない日があります。

毎日スケジュール帳は開く。

そして自分の行動リストも見直し書き込んでいく。

同時にいろんなプロジェクトを進めることが苦手なワタリ。

と、書いてみて気づきました。

ここでいう「苦手」というのは「やったことがあまりない」に近い言葉。

つまり間違い。勘違い。

100回以上、同時に進めた上で「苦手」と言っているなら本当に苦手ということ。

なので、四の五の言わずに「やってやろう」と臨むのが吉でしょう。

ギターも動画撮影も動画編集も写真もメルマガもブログもロクディムALIVEもロクディムLIVE動画もインド旅行記もソロ活動も、オンライン・サロンも、また新しいプロジェクトも!

ずずいと進めてやったります。

「やりながら考える」

実践していこうと思います。

で、100回やって下手だったら「苦手だー!」って言います。気持ち良くw

Photo by Timothy Dykes on Unsplash


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。