自分の温泉を掘り当てる方法

ここ数日、日記をつけることを忘れている。

なんてことを思い出したのはメルマガを書こうとして「さて、なにを書こうか?」って考えてしばらくじっとしていて「あれ?こんなにじっとしていたっけ?」と考えたときに「そうだ、日記だ」となったのであった。

日記のばあい「なにを書こうか?」と考える必要がない。

時々「・・えっとなんだっけ?」と昨日のことを忘れている時はある。

それでも「昨日は」くらいは書き出せる。

そうやって書き出すと芋づる式に思い出していったりする。

書きたいことは書かなきゃわからない。

だから、日記を書いていると、自分の言いたいこととか「あ、これメルマガに出してもいいやん」っていう感じで自分で価値があることを掘り当てられたりもする。

なので、日記からメルマガに連動していたことをなぜかすっかり忘れていた。

それでもメルマガを書けるようになったということでもあるけれど「はてさて?なにを書けば?」ってなったときにはこういう「とにかく吐き出すように書き出してみる」というアクションは有効。

自分の頭の中にだけあることは、自分ではほとんどわかっていない。

わかっているつもりになっているだけ。

だから「自分はなにがしたいんだろう?」「なにが好きなんだろう?」と頭の中を覗いてみてもなかなかでてこない。

まず動いてみる。話ししてみる。つまりアクションすることが大事だ。

そうすると「これじゃない」ってわかる。これじゃないってことがわかるんだから、違う道にいけばいい。

動いてみたのがドンピシャで大当たりっていうこともあるだろう。

石油を掘り当てるみたいなことなんかもしれないね。

掘ってみないとわからない。

「あるかなー?ないかなー?どうかなー?」って言ってたらいつまでたっても石油は掘り当てられない。

石油だと資源問題になったりするかもだから温泉あたりにしとこう。

自分の温泉掘り当てる方法はまず掘ること!

という話しになった。

日記を書こうと思ったらメルマガになった。ということでブログにアップできる!一発で掘り当てた感!

そして、なんと明日でメルマガ発行500回!※逢った時に甘ーいプレゼント大募集

変わらずコツコツ続けます〜。

Photo by Jonathan Forage on Unsplash


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。