熱はどこにあるのか?

渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」は毎日生放送を開催しております。
そこで今感じていることや直面していることを語ったり、メンバーからの質問に答えたり、即興をしたり、歌を歌ったりしているんですね。
昨日は「イエスアンドについて」「仲間のみつけかた」について質問がでたりして答えました。
その場ででることについて即興で回答していくことはワタリにとっても気づきの連続です。
自分が何に反応していて、どんな言葉で語っているのか?
またメンバーもその言葉に反応してチャットしてくれたりします。※もちろん観ているだけでも全然いいんです

そんなやりとりの中、改めて思うのは、
「熱」って大事だなぁということ。
いろんなことの支えになっている熱。
この熱がどこまで高いのか?
どこまでの熱さをもっていられるのか?
またその熱をさらに熱くしたり、冷めないように工夫する知恵をもっているのか?
地球のために持続可能なエネルギーを!みたいな。
自分の人生のために持続可能な熱量をつくっていく。
人生のいろんなことでその熱はときに横からいきなり水をかけられたりすることもあります。
でも「それでも地球はまわっている」という熱量を待ち続けていられるのか。
また
そもそも自分はなにに熱をもっているのか?を明確にするのも大事。
自分を明確にする。
感じること。思考すること。
どこまで磨くのか?
自分はどこにいて何をしているのか?
そういうのを知っているきっかけになるのがワタリーショップでもあるなと思います。

今月はリアルでも再開します。
オンラインもやります。
興味ある方は是非です。※直地点がワークの宣伝になってしまうことの葛藤がないわけではないのよ

Photo by Joshua Newton on Unsplash


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。