ワタリのピンチ。転覆するのかたどり着くのか?

ロクディムの単独ライブが今週末ということでもうそれしか考えられない状況に突入しました!
ゆえにブログもそのことについて語ることになります。
で、今のワタリの状況を言うと「ピンチ」です!w
それは「動画編集」です。
ちょっと前に「2020年のロクディムのPVがあるといいね」っていうところから「いままで撮りためてきた動画をつかって作ろう」ということになりました。
が、ライブ2週間きったところで「このライブに間に合わせられたら最高だね」ってなり、急遽「締め切り」という魔神が現れたのでした。

今まで撮りためていた動画、約10年分。容量3テラバイト(王将の餃子の「餃子1日100万個」の言い方で読んでね)を1つ1つ観ていくだけでそうとうな時間。
それに1週間かかりまして。ダウンロードもそうとうに時間かかって、ようやって一昨日くらいから編集。
ダウンロードした動画は全部で2テラ弱。
今日が火曜日。本番土曜日。

あれ・・間に合う?
てか本番に間に合っても?
それより前にって考えたらもう明日とかに完成??

みたいな話しにいま西野カナが引くくらい震えているワタリです。

ただね。編集ソフトに動画を並べて、ロクディムに楽曲提供してくれている原田茶飯事の音楽を乗せるだけでね。
ワタリは涙がちょちょ切れます。
今までのロクディムの軌跡。どんだけたくさんの場所でたくさんの人と出逢いや別れを経験して、その土地土地でお客さんが「ひと言書いた紙」をどんだけたくさん撒いたのか。
それをグゥワーーーーッて再生するだけで胸が熱くなります。
これ・・なんとかしたいなぁ。
今だよな。精神と時の部屋に入るの。
これだけに集中するわけにもいかず、いろんな案件が当たり前にくるのです。
それらをやってこその成長さ!
なんて思ってはいるけれど、いままさに転覆しそうになってる船に乗りながらそれ言ってたら
「船長!頭おかしいっす!」
ってワタリが乗組員だったら言うな~。
ギリギリの中で、さぁどうなるのか?
転覆するも、無事どこかにたどりつくも、皆さんが楽しんでくれていたら嬉しいです。
さてまた編集に戻ります。

追記:ロクディムのチケット今日中に買えば紙媒体の「ひと言書く紙」が届きます!

あ!そうそう!ライブ購入者に「チケット」と「ひと言書いてもらう紙」が届くのは今日の23:59までの申し込みの方のみですからね!
そのあとはデータでお送りするという方法になります。
今回のライブ、紙に言葉を書いてロクディムに送りたい!という方は是非今日中に!!

https://6dim.com/018/


渡猛のオンライン・サロン「ワタリーボウヤ・サンガ」では毎日生配信で「即興芝居」をしたり「即興についていま考えていることを語ったり」「謳ったり」しています。月額1,000円。詳細は以下。 https://watari-bouya.com/2020/05/15/samgha/


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。