今、大事すぎて重くなっている3つのこと

大事なことほどなかなか動き出せない。

本質を考えてしまうと時間がかかる。

これはもう仕方ないことなんだけど、下手すると向き合うエネルギーを持つことができず、時間が過ぎていくということになる。

この重要度が高いもの。

今、ワタリの中で3つほどあるんです。

少しずつ形になってきているんだけど、どう考えても遅いからメルマガとブログで赤裸々に途中報告することにしました。

そうすると追い詰められるし、また途中経過も皆と共有することで「あぁワタリはただ食って寝てまた寝て食ってってしてるだけじゃないんだな」ってことも分かってもらえる画期的なシステム!

ということでワタリの中の「重要すぎて動きが重くなっている」3つをお知らせします。

1、オンライン・サロン

ワタリのオンラインサロンをはじめてみようっていうものです。
「オンラインサロン?って?」っいう方に超ざっくり説明すると「サークル」みたいなやつです。
同じ趣味をもつ仲間が集まる場みたいなもの。
サロン主催者によって全然形変わるからなんともだけどそういうもの。
で、ワタリのオンラインサロンは、LIVEやワークで大事にしている「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」に興味があったり共感したり、もっと追求したり、ときには一緒に何かをしたりできるような場のことを言います。

特典として今考えているのは

◯特典その1:ほぼ毎日本気のワタリの即興を見ることができる。生配信で。
あなたのエピソードや言葉が物語の中で生きる可能性も。
終わったあとの個人振り返りも共有します。
渡猛の即興脳を見ることができます。

◯特典その2:「即興芝居を人生につなげようオンライン・座談会」
即興ワークショップでも大事にしている参加者の「振り返り」。
それぞれが体験したことを言葉にしてもらい、渡猛が傾聴することで、掘り下げて、その人の大事にしている部分が明確になっていったりします。
それを学校の放課後のような自由な感覚で、もっとゆるく、時には濃厚に対話する会です。
ワークショップについて、渡猛の感じていることを聞いたり、質問したり、議論したりすることも。

◯特典その3:「イベントの参加」
渡猛の企画する即興ライブのスタッフ。映画のスタッフやキャスティング。ロクディムライブのスタッフに参加することができます。

というものです。
会費は月額1000円。

もうね、だいぶん準備はできていて、あとは決済の仕方を組んでいます。
PayPalで継続支払いができるので、それをシステムに組んでいるんだけど、ここの部分が手探り。
PayPalでいくのか?それとも参加費は6ヶ月分にして半年契約にするのか?どれが相互にちょうどいいのか?なんてことを考えているのがいま。

てか、そもそもこれにどれだけ興味がある人がいるのか?なんてことも考えてドキドキしたり、不安にさいなまれる日々。

2、ロクディムALIVE

ワタリがロクディムの生活費をかせぐため、ロクディムの生い立ちを完全主観で赤裸々に書く小説。
文章だけでなく、できるだけ写真や動画も載せたりしようとしています。だからその準備をしている(といってもこれはツマミちゃんにお願いしている)のがいま。
noteで課金にするのか、投げ銭にするのか。こういう料金設定がいつも大変。

3、「ヒトリワタリ vol.39(渡猛×宮内優里)」のLIVE映像を物販

撮影もしてくれた會田将巳が編集も手掛けた作品が完成しました!
宮内優里の音楽とワタリの即興芝居の融合。とんでもなく良いからやはりたくさんの人に観てもらいたい!と思い作成。

もうあとはどうやって販売するか?っていうところなんです。
DVDにしようとか考えていたんだけど、コロナがきて、ワタリの考え方もいろいろ変化して。これをどうやって出そうかを考えていて。昨日閃いたのは、

映像データで販売すること(きっとVimeoになると思う)。
パソコンやスマホで見ることができます。
そして、通常3000円(アフタートークも入れたら3500円)なんだけど、これをコロナが終息するまで2000円(アフタートーク入れたら2500円)で販売。

で、1000円お得な分を皆さんのタイミングでどこかに支援してもらう。応援したいお店に寄付するもよし、なんか買って食べるもよし。これから出る「ロクディムALIVE」を買うもよし、ワタリが親方をやっている:Dの「クロコダイルエイド」に寄付するも良し。
どうやって使ったかをSNSで発信してもらう(#ヒトワタ39 でハッシュタグをつけてくれるとワタリが見に行きます!)ということ。
貢献したいけど、きっかけうしなった方はぜひ、楽しいLIVEもみれて貢献もできるというお得なものです!

書いてたらさらにこれいいじゃん!ってなったので、この「ヒトリワタリ39企画」はこのメルマガでもう受付もしちゃいます!

もしご賛同いただける方は下の「【映像】ヒトリワタリ39申し込み」ボタンより「ヒトリワタリ39」と件名をうって、本文に「お名前(カタカナもぜひ)」と「受信可能なメールアドレス」と「LIVE」or「LIVE&アフタートーク」を記入して送信してくださいませっ。

配信システムができたらもう受付順にリンクをお送りします。

以上、ワタリの中の重要度が極めて高い3つのことでした。

1と2については料金の設定とシステムができたらあとはやれるんですね。
いやあとは覚悟。

オンラインサロンなんて「ほぼ毎日生配信てやれる??コロナが終息してツアーとか行った時は?」なんて考え出したらよりおもーくなるんです。なかなかにチャレンジな企画。

ロクディムALIVEだって、「やりはじめたらとにかく書き続けるっていうことだからね」っていうのを考えたらもう大変でね。

でもたっっっっくさん動画とかあるんです。皆に見せていないものがとんでもなくあるんです。

だからこういうのって出していかないと意味がないからね。

出していきたい。コツコツとでも。

ということで、頑張るぞーっ!ていう決意表明と、

「それいいじゃん!」「応援する」「サロンはいるよ!」「ALIVE読むよ!」

なんてメッセージもくれたら本当に力になります。

もう最近、皆を楽しませたい!っていうより「オラに・・力を!!みんなー!」っていう人の元気をもらっちゃう関わりになっています。

もう1人で頑張るってのを止めてきてる。そういうのができる年齢になったんかな。

そもそも考えてみたら、即興でのパフォーマンスも皆の協力がなかったら成立しないもの。

完成された作品を見せます!っていうスタンスでやってない人生。

だからもう言います。

みんなーどうおもうー!?

良かったら力をおくれー!

一緒にあそぼー!

p.s
アイキャッチ写真は20年以上前の渡猛と小田篤史。
こういうのが「ロクディムALIVE」にはたくさん出てきます。


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。