【インプロW.Sブログ】オンライン・ワタリーショップはじまりました。

Zoomというソフトを使って複数人で「オンライン」でやるワークショップ。

初の試み。

舞台の本番前くらいそわそわしてしまう。

家なのに。

何ができるのか?色々思考するも、きっと半分もできない。

いつも詰め込みすぎる。

それはオンラインじゃなくても同じ。

時間がきて、皆がZoomにはいってくる。

ワタリと逢うのが初めての人もいる。

そういう「オンライン上で初対面する」というのも何気に初めてだなって思う。

熊本、茨城、千葉、神奈川、大阪、東京。

いろんな場所からはいってくる。

Zoomをやるのが初めてな人が大半。

揃うのになかなか時間がかかる。

なぜかログインできないとかでてくる。

整うのに10分ほどかかる。

皆の音声がちゃんと出るかのチェックも含め自己紹介。

そして、ワークショップの全体の説明をする。

Zoomは皆で話すこともできるし、普段のワークショップでやっているような「2人組」とか「3人組」とかのグループにすることもできる。

こちらがやってほしいことを説明して、あとはグループになってそれぞれでやってもらうというスタイル。

普段の即興のエクササイズと、オンライン上での即興芝居をやってみてどんな感じになるのか?

参加者としてどこまでの体験ができるのか?

またワタリも普段のワークショップに比べてどれくらい参加している人の細かい部分を見たり感じたりできるのか?

それらを検証していった。

2時間でワークショップは終わったが、あとのフィードバックをもらう時間もふくめて3時間になった。

「心の濃厚接触ができた」

という言葉はワタリの中で宝物。

なにもできないわけでなはない。

あとはワタリがもっと見ることができればと思う。

そのやり方はもういくつかアイディアがある。

またこういういつものワークショップじゃないスタイルをやることで、改めて「なんのためにやっているのか?」を見ることができる。

より洗練されるなって思った。

終わっての疲れが尋常じゃなかった。

これも慣れだろう。

なかなか逢えない人と逢える。

逢ったことのない人との出逢いもある。

その素敵さと、だからこそ「なにがしたいのか?」ということの明確さが大事だと思った。

とても濃厚な時間となりました。

トライアルに参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました!


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。