不安と高揚の間でバランスしながら生きていく

昨日、お知らせした「オンライン・ワタリーショップ」。

【インプロW.S情報】オンライン即興ワークショップはじめます

2020.04.01

昨日の今日の開催なのにも関わらず申し込み多数!しかも名古屋、香川、九州からも申し込みがくるあたりが「オンライン」ならではだなぁ〜と。

去年の「マツリワタリ」のときもそうだけど、勇気をもって手をあげて声を出したことにリアクションがあるって、本当に勇気づけられるし、有り難いって気持ちになります。

それがまた活力になります。

さて、技術的なことも含め、どこまでワタリがやれるのかという勝負になってきます。

また、3年前まで毎月やっていた即興1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」の39回目。音楽家・宮内優里とのコラボライブをDVDや動画で販売するプロジェクトも動いております。

いっきに新しい時代がきた感がすごいです。

とにかくやれることはやってしまおう。

即興もそうだけど、やりきった先に新しい展開がある。

いま、なにかを突き抜けようとしている感覚があります。

また、本当に人のためになるってなんだろう?

自分が思う生き方ってどんなだろう?

そういう日常で生きていたら流れてしまいそうなことを真剣に考えてます。

だから、よけいに精神も身体も穏やかでいるということも必要になってきます。

ワタリは血が荒いのか、すぐに熱くなるのでw

深呼吸って大事です。

手で自分の身体をさすったりしていたわることも大事です。

新しい波。乗ったことのない波。

だからこそバランスを細かくみていかないとコケてしまう。

そんな不安と高揚の間で走ってる。

時代が大きく変わろうとしているけれど、いま、ワタリは元気です。

こうやってブログ書いたり、毎日メルマガを送れていることも、当たり前じゃないんだなと思います。

ましてや読んでくれている人がいるって、なんて幸せなことなんだろうって感じます。

本当にありがとうございます。

オンライン・ワタリーショップはまだ他の日は空きがありますので、どこにいても環境さえ整っていれば参加できますので興味あるかたは是非です。

ヒトリワタリ映像も楽しみにしててください。興味ないかたは興味ありそうな人に教えてあげてください!

新しい時代もどうぞワタリとロクディム、よろしくお願いします。

Photo by Mathieu CHIRICO on Unsplash


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。