【即興×映画】4日目終了

スポンサーリンク




映画ワークショップ。

大阪でのラジオ・ドラマの話のシェア。

ワークは連想をより具体的にしていくことをやった。

また、その具体的にしたものからシーンをやってもらう。

そのあと、超連想でそれぞれの「じっさいに経験した話」を出していく。

その真実の話から立ち上げて設定をつくる。

しかし、現実に起きたものをなぞることはしない。

そこからフィクションにはいっていく。

ドラマが起きる。

自分の枠をこえていくように、感情がドンッ!湧き上がるように皆で協力して演じていく。

物語の結末(主人公の選択)は決まっていない。

だが、それぞれ目的がある。

そしてそれはいま達成できる具体的なアクションになっている。

そうすると見えてくる自分の常識、レッテル。それが自分のパフォーマンスをなんともないものにしている。 目的を達成できないようにしてしまう。

小さく小さくまとめようとする。抑え込もうとする。

そこに気づく。どうしたいか?また自分に問う。

ワタリも相談しながら、進めていく。

場が乗ってくると、自分を犠牲にして進めてしまうことがあるからだ。

しんどくともやってみたい。そんな欲求がないと途端に怪我をする。

そこを確認しないと危ないと感じるほど、感情を動かすやり取りになっていた。

最後は皆の前で演じていく。

今回は4つの物語。

見る方も演じるほうもそうとうに高い集中力。

涙したり、爆笑したりして終わる。

本当に皆、高い集中力で臨んでいる。

主役の人もそうだが、周りをかためる俳優の居方も大事。

どうやってサポートしていくのか?を考えて実践する。

またそこにも思考の癖が見えてくる。

考えても分からないことを考えてはいけない。

そしたら結局自分の小さい枠の中で「これかな?あれかな?」ってやってしまうだけになる。そのどれにも答えはない。

ここで四の五の言わずにやることや、その場に入ってただいることが大事になってくるように思う。

素直に体験すること。

そういうことも見えてくるのが興味ぶかい。

今回で折り返し。

良い座組になってきたように思う。

まだこれから参加する人がいるけれど、問題ないくらいの空気ができている。

さてゴールを決めずに走っている今企画が少しずつ形を見せてきている。

楽しみにいこう。


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。