奇蹟

スポンサーリンク




ヒトリワタリやロクディムのライブをずっと撮ってくれている會田くん。

去年結婚した彼の結婚式の打ち合わせ。

ワタリとツマミちゃんで司会を頼まれました。

會田くんと出逢ったのは、まだワタリがアルバイトをしていた時のバイト先。

当時の會田くんはまだ大学生。

その時に、一緒に映画を撮ったり、ライブを撮影してもらったり、結婚式の司会をやることを想像できたでしょうか?いや、絶対にできなかった。

出逢いっていうのは面白い。

出逢ったときにはピンとこなくても、色んな要素が組み合わさリ、どこかのタイミングでカチッとハマることもある。

そしてカチッとハマった時、いままでのピンとこなかった日々も実はとっても必要だったことに気づく。

前から決まっていたような、成るようにしてなったような、当たり前のような感覚。

そういうのを奇蹟というのかもなぁなんて思いました。

楽しくて、予定していた時間を超えてたくさん話しました。

改札でいつまでも手を降ってくれる2人の姿をみて、2人のこれからの人生がさらに素敵に彩りますようにと心から思ったのでした。

また會田家で出てきた料理がどれもとんでもないクオリティだったことをここに残しておこう。

ごちそうさまでした!


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。