再構築する

スポンサーリンク




昨日は即興チーム「:D(コロンディー)」の集中ワークショップ。

朝早くから夕方までみっちりやりました。

昔、ともにライブをしていた仲間でもあるメンバーと即興を探求したり、近況をシェアしたりするのはまた味わい深く。

またチームとして活動している大変さと喜びの話も共感できるし、客観的な分、こちらからは少しアドバイスができたり。

自分たちの色を決めすぎたり、勝手に思い込んでいると、知らない間に自分の枠を決めてしまっていて、他が見えなくなってくる。

その部分を紐解いていく時間でもありました。

自分もチームも再構築。

そのためにはそれぞれが自分の枠をはみ出ていく必要がある。

またより細かく1人1人の今を「聞いていく」必要がある。

聞いていくから効いてくるものがある。

昨日のワークショップはそういう時間でした。

終わったあとは恒例の打ち上げ。

ここでもたくさんの話がでます。

その中で新しい展開もありました。

ワタリ自身も自分の枠を超えて、広く大きく細かく巻き込んでいく時期なんかもしれません。

楽しく、誠実に、いこう!


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。