そこで起きていることを切り取り表現する

スポンサーリンク




姪っ子(20歳)が1人で東京観光に。

ツマミちゃんとともに東京案内をしました。

渋谷、原宿、恵比寿。

昨日は浅草、新宿。

東京にきて20年のワタリはもうなるだけいかない渋谷、新宿。

こっちも観光気分にw

また浅草はロクディムでお世話になっているだけに、もはや地元?くらいに落ち着きます。下手すると今住んでる町よりも馴染みがあるという。

東洋館にいくと、スタッフの人が現れて「びっくりした〜お疲れ様です!」と声をかけてくれたり、

また好きな喫茶店にいって、名物のカツサンドと、席に付く前に「何食べる?サンド?飲み物は?」と聞いてくるチャキチャキお母さんを味わったり、あらためて浅草は好きだなぁと感じました。

またいつもはライブや広報のためで、ゆとりがそこまでない状態。なので、今回はいつもよりも町を堪能できました。

SONYのα7iiiをもってパシャパシャと。

昨日のベストはこれでした。

カメラのストラップも買いました。

まぁこれがとってもいい。

いろんな場所へいって、いろんな人と出逢う。

そこで起きているいろんなことを写真や動画で切り取って表現する。

好きなことの探求は止まりません。

今年はよりたくさんの写真や動画を撮っていこうと思います。

まもなく開催する新ワークショップ「即興×映画」もほぼ定員となりました。

楽しみです。


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。