【ワタリの雑談】SONY vs ワタリ

待望のカメラが届きました。

渡猛、人生初のフルサイズデビュー!です。

液晶シールつけて、レンズプロテクターつけて、バッテリーフル充電にして、ファームウェアのバージョンを最新にしようとしたらMacのバージョンが古くて最新にできない!でも、そんなにたいした違いはないからスルー!

ということで、昨日数枚シャッターを切りました。

まぁすごいです。

念願の!だから、想いが溢れてもうまともなレビューはできません。

とにかくニヤニヤしてしまう。

今日は外に出て、撮ってみよう。動画も撮ってみよう。

ロクディムのツアーも、プライベートも。

今は、ワタリ特有の能力による初期不良がないことだけ祈ってます。

今までかなりの頻度で家電製品は初期不良させるんだよなぁ。なんか手から磁場的な?なんかでてるんだろうね。

SONYは耐えられるか!?

防滴防塵設計だけど、防渡になれるか!?

それも含めてテストしていきます。


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。