当たり前なことなど何1つない

この日は友人であり恩人のチアちゃんと数年ぶりの再会。

ツマミちゃんと共に3人で過ごしました。

ワタリのヒトリワタリが毎月41回も開催できたのは、当時スタジオのスタッフだったチアちゃんが

「ここでやりなよ!」

って心から背中を押してくれたから。

あの経験があったから今があるとはっきり言えます。

難しくも何度も何度もチャレンジすることができたのは、チアちゃんとフラットハウスという温かい空間とツマミちゃんの支えがあったからです。

久しぶりにあったけど、逢えばいつもの感じにすぐ戻れるのも不思議。

ここ数年の人生のシェア。

あっという間に時間が過ぎました。

「また逢おうね」「遊ぼうね」

ハグして別れる。

関西にいた25年前。

当たり前のことは当たり前じゃないんだと知った高校2年のワタリ。

今日を目一杯笑顔で過ごせたことに感謝。


ワタリ
ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。