心のままにやってみる

元旦に「今年のスケジュール」を決めようといろいろ考えを巡らせました。

こういうのは去年のうちに、はやい人は2年くらい前にやっているもので、いつもながらに遅いスタート。

でも人と比較して「もう遅い」となるのはあまり意味がないどころか、よけいにスピードを遅くしてしまうので、気にせず。横に置いておく。

自分のやりたいことを具体的にして、それをするためにどうするか?そもそもなんでそれをしたいのか?

自分の時間をつくってじっくりと考えを煮込みます。

即興はもちろんのこと。しばらく撮っていなかった映画や映像もスタートさせようと思います。

去年チャレンジした「マツリワタリ」も考えています。

ヒトリワタリも!

ワークショップも!

そう考えるとたしかにもう来年のことも考えて動くって話しになるねw

具体的にどうするのか?いま何ができるのか?

心のままにやってみよう。

心を形に。

じっさいに身体を動かしながらやっていこうと思います。

東京定期ワークショップは5日より開始しますよ〜っ!

皆さんの参加、お待ちしています!


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。