【ロクディムブログ】たんけんアリオスが終わりました

「たんけんアリオス」終わりました。

役も衣装も決まっている中での即興。

もちろん決まったセリフもしっかりとあって、楽屋ではロクディムとしては珍しく台本を見ていろいろ確認している様子が見れました。

上の画像だけでなく、途中着替えて

幽霊になったり

ハリー・○ッターになったりしてました。

この中にハリー、ロン、ハーマイオニーがいます。

ヴォルデモートも。

このハリーシリーズの即興がワタリは大好きでした。

とにかくゆるいんです。

もう1年毎日お昼時に15分くらい生放送してくれないかな?って今も思っています。

また、作品じたいがコドモ向けで作られていたのにもかかわらず、オトナの皆さんもたくさん笑って参加してくれたのが嬉しかった。

打ち上げの席では、スタッフさんが涙ながらに

「大変でしたけど、皆が笑っていたのが・・本当に楽しくて」

という言葉に涙腺がぐらんぐらん。

その中でまた自分という人間を知れる良い機会がたくさんありました。

自分が何が好きで何をしたいのか?人とどうやってつながっていきたいのか?

いろんな囚われを外すいい機会が。

またたくさん考えて掘り下げて、動いていこう。

これが2019年のロクディム納めとなりました。

このメルマガでもロクディムを応援してくれたり、ライブに来てくれたりしている人がたくさんいると思います。

本当にありがとうございます!

皆さん、良いクリスマスを、そして良いお年を!

ブログは続きますが、ひとまずロクディムとしての挨拶でした!


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。 情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。