「力を抜く」の体現者

スポンサーリンク




昨日は舞台公演を2ステージ終えたあと、何人かでファミレスに。

設定もタイトルも「ファミレス」が舞台なのに、終わったあともファミレスに行くなんてよほどのファミレス好き。

皆でワイワイやりました。

昨日は3歳になるゲンくんもいて、後半はゲンくんとずっと遊んでいました。

ゲンくんの大切にしているおもちゃと、ワタリの指の対決。

指が悪さをしていると正義の味方ゲンくんのおもちゃが来て退治するという話。

指は簡単に負けます。

負けるたびにゲンくんは

「もう1回やろ」

で、またやる。

そしてまた

「ねーっ。もう1回やろっ」

こうなると永遠にやり続けるモードへ。

でもワタリもしつこいからやり続けます。そして毎回やられかたを工夫して変化をつけたりします。

そうするとどんどんゲンくんもテンションが上がってきます。

そのテンションがある臨界点を超えたのでしょうか?

とてつもない音量で

「どどどどどどどどどどどどどどーーーーーん!!!!!!!」

っとファミレスにいる人たちがこっちを一斉にみるほどの大声を出したのです。

そのときの声量と肺活量。

あんなり大きく、そして長く発声ができるなんて。

鼓膜がビリビリするほどの大きさをずっと維持する。

じつにお見事。

もともと肺活量があるみたいなんだけど、無駄な力みがないからあんなにのびのびと声ができるんだろうと。

とても良い見本を見せてもらいました。

ゲンくんを目指そう。

あれを決められたセリフと流れの中でやる。

当たり前に違和感や力みが生じやすい環境。

だからこそ「力を抜く」っていうはとっても大事なんだと思います。

その後まだまだ

「ねー!もっかい!」

というゲンくんに

お店中に「ゲンくんのおもちゃvsワタリの指」をお見せすることになっちゃうと思ったワタリは

ワタリ「(ビビりながら)声ちっちゃくね。だったらもう一回やろ」

ゲン「うん」

ワタリ「よーし!」

ゲン「どどどどどどどど!」

ワタリ「あ、ゲンくんちょっと大きい」

なんてやりとりをしたのでした。

香川舞台公演、今日が千秋楽です。

本日は満員御礼。

最後まで力まず楽しんで参ります。


渡猛が共同主宰する即興チーム「ロクディム」の東京単独ライブ!

「第17回 ロクディム東京単独ライブ『浅草六笑』」

12月14(土)-15(日)に開幕!

席もだんだんと埋まってきております!

詳細&ご予約は以下より。

「第17回 ロクディム東京単独ライブ『浅草六笑』

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。