【読書感想記】こころの象(かたち)ー最後の達人初見良昭師に観る日本の象ー

日野晃先生の著書「こころの象(かたち)ー最後の達人初見良昭師に観る日本の象ー」を読んだ。

日野晃先生も達人。その達人が達人という初見宗家との出逢いや、対話や、相対した時の日野先生の感覚を言葉にしたもの。

一読した時は、剣豪活劇を読んでいるように楽しく読んだ。

しかし、そこに書かれている言葉の1つ1つがあまりに濃くて、すぐに読み直す。

初見先生と相対した時の日野先生の感覚。そしてそこからの分析。身体への落とし方。

その思考の仕方、ものの見方、考え方、検証の仕方が、とてつもない。

日々、即興にたいして思っていること、ワークショップについて、稽古について疑問に思っていることの大きなヒント、というか秘訣が書かれている。

気になる箇所をノートに書き出して、そこからまた自分で結びつける。

日野さんのワークショップと同じ、脳に汗かいて考える。

さらっと書かれている1文に詰まっている濃さ。

そしてこれを分かっただけでは全然意味がない。

それをどうやって実践、体現していくのか?

工夫していくほかにない。

日野さんのワークショップに行ったときに買ったのだけど、数ある本の中から悩みもしないで、サッと手にとったもの。

本も出逢い。

ワタリの中では大きな大きな一冊となってます。

感謝。

また買ったときにサインと言葉を書いてもらうミーハー具合い。

水月移写。即興芝居もまさに。

日々鍛錬。感性を磨き、その質をあげていく。


渡猛が共同主宰する即興チーム「ロクディム」の東京単独ライブ!

「第17回 ロクディム東京単独ライブ『浅草六笑』」

12月14(土)-15(日)に開幕!

席もだんだんと埋まってきております!

詳細&ご予約は以下より。

「第17回 ロクディム東京単独ライブ『浅草六笑』

ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。