「これでいいのだ」が似合う歳に

こんにちは。

41歳になりました。

憧れのバカボンのパパと同じ歳です。

西から昇ったお日様が東へ沈んでも「これでいいのだ」といえる境地へ。

よりいっそうワクワクを大切に。

新しくスケジュール帳も発注しました。

やりたいことをどんどん書き込んでいこうと思います。

変わるもの、変わらないもの、また「変える」ものも「これでいいのだ」と包んで、愛と勇気をもって進んでいきます。

40歳のチャレンジは「マツリワタリ」。

41歳はどうしようか。

マツリワタリのドキュメンタリーも完成させたいし、また来年も発展していきたい。

映画も撮りたい。

ロクディムでまたたくさんの人と笑いたい。

ヒトリワタリも進化させて日本中いきたい。

旅行にも行きたい。

インドから帰ってきて毎日続いているアーサナと瞑想も続けたい。

そして「ひ・・ひとまず毎日やってみよう」っていって始めたメルマガももう習慣になっております。

メルマガでしかやらない企画も増やしていこうと思います。

だから、メルマガ登録してみてね!

そしてこのブログを大切にしていこうと考えています。

メルマガで書いたこともブログでより詳しく書いていたりします。

そんなワタリですが、今、間違いなく言えるのは

「ずっと今が1番楽しい」っていうことです。

40歳になっていろいろ変化があるのも含めとんでもなく楽しい。

歳をとっていくと、今をもっと大事にできるんだなって感じます。

どの瞬間もかけがえがないもの。

今までも「過去も未来もなく今!今が一番大事!」なんておもっていたけど、深みが違う。

そんなこと言いながら、また10年後に「40代まだまだだったわ〜」なんて言うんだと思います。

とにかくどんどん今が愛おしい感じに。

また人ととの素敵な出逢いや繋がりが涙がでるほどに嬉しい気持ちになっています。

このままいったら70歳くらいにはもう「今の尊さにずっと泣いてるじいちゃん」になるんじゃないか?そうなると誰も近寄らないかもしれないからほどほどにしよう。

なんてどうしようもないことを今も昔も、変わらず考えてる。

きっとこれからも思ったり感じたりする。

そんなことをツラツラと変わらず書き続けよう。と思ってます。

そんなワタリをどうぞよろしくお願いいたします!

また、両親に感謝。生んでくれてありがとう。

そしていつも太陽のように笑ってくれているツマミちゃんに感謝。

ありがとう。

東京はいい天気だ。


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。