【LIVEブログ】岡山県赤磐市でのロクディムW.S&ライブ

20191109(土)

岡山県は赤磐市の桜が丘中学校でワークショップ&ライブ。

500人を超える生徒たちが一斉に笑う瞬間はとんでもないエネルギーでした。

またライブ時は、生徒が勇気をもって自分の意思で手をあげてステージに上がってくる瞬間もありました。

なんと男子も女子も!

「おい!お前やれよ!」「○○!いけいけ!」

と他薦がほとんどの中、(他薦しているのが悪ということでなく)

自分の意思で手をあげて、行動し、自分の現実を変えていく。

その姿はとっても美しいな〜と感じます。

またその子たちと一緒に即興で演じるのは楽しい!

勇気をだして、全校生徒が見ている前で、なりたい自分に向き合って、出てくる言葉や感情やしぐさ。

それに呼応して皆で作っていく物語。

終わって感想きくと「楽しかったです!」とスッキリした顔をしているのも印象的でした。

これからの人生を楽しく生きていくヒントになったらいいなと願いをこめて。

夜は別会場のいきいき交流センターにてロクディムライブ。

なんと超満員の中おおくりすることができました。

8割は即興芝居を見たことがない人ばかり。

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで。

実に幅広い層が全員で一緒に笑う。

とてつもない気持ち良さがありました。

去年ロクディムライブを見た法慶寺の関藤さんが「これを子どもたちに見せたい!」とひたすらに熱をもってたくさんの人に話ししてくれました。

「お経と同じだと思ったんです。とにかく何回も何回も話ししていこうって」

その言葉をきいて、ふと悟りを開いた仏陀がその感覚を人に伝えているのを想像しました。

自分が観たこと感じたこと、感動したことを、観たことがない人に伝え、広めることは本当に難しいこと。

でも、諦めずにとにかくやり続ける。

その熱情が間違いなく響いていた。

それが形になった夜でした。

関藤さんや釜口さん。そしてその2人の熱に呼応して、たくさんの人がサポートしてくれて、最後は学校の校長や生徒までがスタッフとして関わってくれました。

この巻き込み方は本当にすごい。

一緒にライブを作っていく楽しさも味わいつつ、あっという間に終わっていきました。

打ち上げもあっという間に終わり、今日も駅まで送ってくださり、最後の最後まで見送ってくださって・・。

素敵な人と出逢うと涙が出そうになります。

本当に有り難いです。

ここで蒔いた種が芽吹き、すくすくと育っていきますように。

これからが大事なんだと思います。

そこには素敵な縁や、工夫や情熱が必要だ。

ワタリたちもとにかくやり続ける。

ロクディムと関藤さんを繋いでくれたちかちゃん。

そして関藤さん。ゆうこさん。関藤ファミリーの皆様。

関藤さんの熱に無条件に呼応して一緒にこの企画を進めてくれた釜口さん(ロクディムが圧倒されて無口になってしまったほどのエネルギーをもつ)。

想いに反応してくれた校長先生や教頭先生。

そしてこの公演に関わってくださった皆様。

ありがとうございました!


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

渡 猛

即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。 自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。