【ワタリの雑談】広島「ヒカリ」。2日目の朝から本番まで

スポンサーリンク




20190927(金)

広島公演初日の後の打ち上げ。

飲んだくれて、主催のマイキーさんの家で寝た。

【舞台ブログ】即興ミュージカル広島公演「ヒカリ」初日、感想記②

2019.10.03

朝、目が覚めた。

夜中にも何度かトイレにいった。

朝方お母さんとあった。

挨拶ちゃんとできたかな?寝ぼけていたのと、まだ酔っていてなんだかうまく言葉にできなかったように思う。

結果、8時くらいに起きる。

お酒をたくさん飲んだ次の日はどうしても深くねむれない。

それもお酒の効果らしい。

体が重い。

しばらくダラダラする。

で、もう1回下に降りたほうがええだろうということで降りる。

お母さんがいた。

「休んでて~」とお母さん。

お母さんは可愛らしい人だった。

マイキーさんは車を取りにいったという。

バスで行ったようだ。

ちょっとするとマイキーさんが車で帰ってきた。

お母さんと3人で朝ごはんをいただく。

サラダが大量にあった。

サンマが焼かれていた。

アロエをお味噌汁に入れていた。

アロエをきなこにまぶして食べた。

アロエブームがきていた。

美味しかった。

お母さんと少しお話する。

2年ぶりにマイキーさんの芝居をみたようだ。

そして2年前のほうが楽しかったみたいな感じで喋っていてマイキーさんが

「それって前のほうが面白かったってこと?」ときいた。

こういうのを聞けるっていうのもなんかいいなって思う。

お母さんは「どっちも面白かったよ。でも今回のはあっという間に終わった」という感覚だったようだ。

マイキーさんが自分の準備をしている間、お母さんと2人で話す。

息子の芝居を観るのは楽しいと言っていた。

マイキーさんの支度ができて移動。

マイキーさんの車の運転の粗さはちょっとしたアトラクション。

ミスター・ビーンの車に乗ったらこんな感じなんだろうなって思う。

バックであんなにはやくいけるかね?っていうくらい早い。

ツマミちゃんの実家まで送ってもらう。

ツマミちゃんのお母さんが昼ごはんにチャーハンを作ってくれた。

おいしい。

その後にお風呂にはいる。

そしたらとんでもない眠気がきた。

2階で少し寝ようと思ったらもうでかける時間まで寝ていた。

おかげでスッキリした。

さて折り鶴タワーへ。

「ヒカリ広島公演」2日目が始まる。

続くね。長いから。

Photo by Tatiana Rodriguez on Unsplash


ワタリのワークショップ「ワタリーショップ」は都内で定期開催。
情報はこのブログ、またはメルマガで配信していきます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

即興遊戯者/インプロバイザー・渡猛(Takehi Watari) 奄美大島生まれ兵庫県育ち。 即興芝居×即興コメディ=即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。 即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を全国展開中。 ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」を初アジアバージョンとしてハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。 即興(インプロ)ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。 大学や企業でも即興ワークショップを通して「この瞬間を目一杯感じて、自分を愛し、無我夢中に遊びあい、交ざりあい、笑いあう人間関係を育む場」を提供している。 京都精華大学非常勤講師。